« 忙しいあなたに 再生速度可変 nave player | トップページ | ブログ通信簿 »

2008年7月25日 (金)

後味が悪かった、『ラスト・フレンズ』最終章&最終回

やっぱりそういう魂胆か・・・視聴者を馬鹿にしている。

うちの嫁は『ラスト・フレンズ』を毎回見ていた。僕は、まあテレビがついているんで、なんとなく見ている感じ。

今日は最終回ということで張り切って見ていたのだが、終わり方が中途半端。あれ?
「最終回って書いてあったよね?」新聞のテレビ欄を確認すると、「最終」。
これって、最終回だと思わせて視聴率を取ろうとしているのか?まさかね・・・

いや、まさかのようだ。

【指南役氏が緊急寄稿!】迷走するテレビドラマ
“改編期外し”や“最終章”の裏にあるもの

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20080723/1016918/

評判のドラマはかなりの確率で最終回で視聴率を押し上げる。普段、テレビを見ていない人たちも「最終回くらい……」とチャンネルを合わせるからだ。『ラスト・フレンズ』も『CHANGE』も最終回で視聴率を上げるのは容易に想像できた。ならば、その“うま味”を1度ならず2度も味わいたいと考え、とられた戦略が「最終章」である。最終回と思わせ、普段テレビを見ない人たちを引き付ける――。

内容とは直接関係ないが、小賢しいやり方が気に食わない。最終回であろうがなかろうか見るつもりであったが、騙された気分である。

毎回見ていた視聴者と、最終回だけチラ見する視聴者と、どちらが大事が良く考えることだ、フジテレビ。

ラスト・フレンズ ディレクターズカット 完全版
ラスト・フレンズ ディレクターズカット 完全版

|

« 忙しいあなたに 再生速度可変 nave player | トップページ | ブログ通信簿 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60877880

この記事へのトラックバック一覧です: 後味が悪かった、『ラスト・フレンズ』最終章&最終回:

« 忙しいあなたに 再生速度可変 nave player | トップページ | ブログ通信簿 »