« ごまかされるかっ!サマータイム | トップページ | 知識のハゲ »

2008年7月 2日 (水)

真のバリアフリーとは

最近、駅のバリアフリー化と称して、エレベータの設置を行っているのをよく見かけます。エレベータを設置すること自体には賛成ですが、エレベータを設置しただけで「バリアフリー化完了」と思ってもらっては困ります。

エレベータの設置だけがバリアフリー化ではありません。階段や通路を広くする、改札を増やす、エスカレータを増やすなど、混雑が緩和するような対策もバリアフリー化の一環です。

都心では、ラッシュ時でなくても、夕方以降、下りの方向はたいてい混雑しています。路線によるとは思いますが、少なくとも私の身近では夕方のラッシュ以降、終電まで混雑しない時間帯はありません。

この混雑具合で、目や足が不自由だとしたら、とてもじゃないけど安全に移動できるとは思えません。階段、エスカレータ、改札にも、エレベータの前にも人の滞留がおき、電車からホームに下りた場所によっては、人の流れのせいで、エレベータの方向に行くことさえできないでしょう。

鉄道会社各位:
一通りエレベータをつけたら、その次は駅構内の混雑緩和対策です。

満員電車がなくなる日―鉄道イノベーションが日本を救う (角川SSC新書)
満員電車がなくなる日―鉄道イノベーションが日本を救う (角川SSC新書)

|

« ごまかされるかっ!サマータイム | トップページ | 知識のハゲ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60877831

この記事へのトラックバック一覧です: 真のバリアフリーとは:

« ごまかされるかっ!サマータイム | トップページ | 知識のハゲ »