« 冷蔵庫空っぽ計画 | トップページ | 監督名+ジャパン »

2008年8月18日 (月)

二次利用の弊害 ~「HEY!HEY!HEY!」 で 「ほんとにあった!呪いのビデオ」 を見せること~

さっき、フジテレビ系の「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」という番組の中で、Crystal Kayが怖いもの好きということで、「ほんとにあった!呪いのビデオ」の一部を見せていました。

この、ビデオ(まあ、DVDなんですが)のことを、インチキだとか、つくりだとかというのが、野暮なことは分かっています。

おそらく一本丸々見れば、そこに流れる匂いというのに気付くでしょう。その匂いに気付いた上で、視聴者は楽しむわけです。プロレスや、水曜スペシャルの川口浩探検隊と同じ楽しみ方です。

製作スタッフも確信犯でしょう。「フィクション」と「ノンフィクション」の境目をくすぐってみよう、という。うまいやり方だと思います。

ただ、これをHEY3の中で流すとなると話は別です。「ほんとにあった~」というタイトルで紹介し、このビデオシリーズのことは特に深くは紹介せず、あたかも、どこかで見つかったビデオ、素人から投稿されてきたビデオ(を発売したもの)のように、紹介されているわけです。

きっと勘違いしている視聴者も多いと思いますよ。

そして、出演者や会場はキャーキャー言っているのですが(テレビですので)、その割には、あまりにもこの作品の演出・設定がチープなのです。

1つ目に紹介されていた、冷蔵庫の中に顔がうつるものですが、

出てくる若者のやり取りで、

  A:「今 何か 顔・・・」
  B:「えっ? 顔? 何?」

という部分があるんですが、実に安っぽい演技なんです。(文字にすると伝わりませんが)

カメラワークも若者が何気なく撮ったにしては不自然。VTRの最後の方で冷蔵庫を写す必然性を出すために、最初の方からずっと下向きアングル。普通そんな撮り方しないでしょう。(まあ、絶対しないとは言えませんが)
そして、設定が・・・

ナレーション:実はこちらの冷蔵庫、この若者が中古で購入したもので、以前の所有者の子供が誤って中に閉じ込められ、亡くなったことがあるという

うん、こんな腹までくらい高さの、小さい冷蔵庫に閉じ込められる?そうとうちっちゃい子だな。しかも入ったのに出られない?それは業務用みたいな、外からしか開けられないタイプでの事故の話だろ。そして、そんな事故があったなら、中古で売っちゃいかんよ、君。

このシリーズの、企画の目の付け所はよかったと思います。でも、もうちょっとリアリティとは何かということを考えたほうが・・・

「ほんとにあった」というコンセプトだけで持たせるのには、30作は多すぎました。そろそろ、やめ時だと思いますよ。

今回の告白 : とはいえ、これを見てしまった以上、トイレ行くの怖いっす。(ほんとは結構好き)■

[2011年10月30日追記]
「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの元スタッフが掲示板上でいろいろ回答してて、それを見たら、余計に恐くなった・・・

HEY!HEY!HEY!の心霊動画はヤラセです ・・・一部はね

ほんとにあった!呪いのビデオ26
ほんとにあった!呪いのビデオ26

|

« 冷蔵庫空っぽ計画 | トップページ | 監督名+ジャパン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60877920

この記事へのトラックバック一覧です: 二次利用の弊害 ~「HEY!HEY!HEY!」 で 「ほんとにあった!呪いのビデオ」 を見せること~:

« 冷蔵庫空っぽ計画 | トップページ | 監督名+ジャパン »