« こんな間違いはイヤだ | トップページ | 後続列車の遅れが伝染するわけ »

2008年9月24日 (水)

ボックスワインのすすめ

うちでは、ボックスタイプのワインをよく買っています。外がダンボールの箱に覆われてて、中に袋が入っていて、蛇口をひねるとワインが出てくるようなやつです。ものにもよりますが、3リットル入りのがポピュラーなようです。

メルシャンのフランジアをグラスに注ぐところ

そのことを人に話すと、えー、そんなに飲むの?、的な感じになるのですが、このタイプはむしろあまり飲まない人に薦めたいです。

蛇口のようなところから注ぐのですが、中でビニールの袋がつぶれながら中身が出てくるので、残りのワインは空気に触れないんですね。なので、毎日グラス一杯ずつという飲み方をしても、最後まで美味しく飲めます。(最後のほうでは空気が入ってしまいますが、ほんとに最後のほうだけですね)

メーカーのサイトを見ると「バッグ イン ボックス」と言うらしいです。長い名前だなあ、ボックスでいいよ。

このタイプが出ているのは、「フランジア」「リバークレスト」「カルロロッシ」などがありますね。わたしはフランジアが好きです。この中では一番甘くない感じがして、食事に合います。晩酌派なんで。

あと、フランジアは蛇口がひねるタイプです。あと2つは、ゴムみたいなボタンを押している間、出続けるようなつくりです。わたしはひねるタイプの方が好き。

飲み終わって箱を分解するときに思うのですが、中身が点滴の袋みたいで、これをみるとあんまり美味しくなさそうに思っちゃうんですけどね。でも、見た目より実用を取りましょうよ。

見た目と実用、と言えば・・・知ってますか?

コルク栓に比べて、金属のスクリューキャップって安っぽいイメージがあるし、比較的安いワインによく使われてますよね。でも、密封性とか、保存性とか考えると、スクリューキャップの方が優れているんです。

下記の記事を参照あれ。

スクリューキャップのワインは安物? [ワイン] All About

雰囲気と機能は両立しないのねえ。■

[2014年9月21日追記]
「夏は飲んでいるうちにワインがぬるくなるよね」問題には、こんな解決法も↓
氷の代用品として冷凍した蒟蒻畑をワインに入れる: 主張

フランジア 赤 3L 1本
フランジア 赤 3L 1本

|

« こんな間違いはイヤだ | トップページ | 後続列車の遅れが伝染するわけ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60877982

この記事へのトラックバック一覧です: ボックスワインのすすめ:

« こんな間違いはイヤだ | トップページ | 後続列車の遅れが伝染するわけ »