« 音カメラ | トップページ | あの深夜番組「カノッサの屈辱」が復活 »

2008年10月12日 (日)

パッケージ写真を掲載してみました

議員立法で規制を検討 「こんにゃくゼリー」で自民
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/185802/

形は国が決める? こんにゃくゼリー 自民、議員立法へ 消費者行政迷走
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081011-00000072-san-pol

「子供が見て、食べたら死ぬと分かるようにしないと。それぐらいはできるでしょ!」
 こんにゃく入りゼリーの規制を議論した10日の自民党消費者問題調査会(会長・岸田文雄前消費者行政担当相)は、河野太郎氏ら出席議員らが怒声を発するなど、さながらゼリー糾弾の場となった。

掲示板系のサイトは、無責任な発言があったり、事故にあったかたを中傷するような表現があり、問題もあると思うのですが、するどい意見もありまして・・・

河野太郎「子供が食べたら死ぬと分かるようにして。それぐらいはできるでしょ!」
http://revchannel.blog64.fc2.com/blog-entry-153.html

河野太郎は、パッケージを見たことあるのかな
それぐらいできるでしょうに

パッケージには絵入りで注意書きがありました。製品が手に入りにくいので、パッケージ写真はamazonから転載させていただきました。

蒟蒻畑の外装の注意表記
「お子様や高齢者の方は たべないでください」と明記

蒟蒻畑の外装

自分としては十分な大きさだと思います。ですが、これでも小さいというなら、もう少し大きくしてもいいかもしれません。

冷蔵庫に最後の1個が残っていたので、個包装も見てみると

蒟蒻畑の個包装の注意表記
「吸い込まずに底をつまみ押し出し よくかんでお召しあがりください」

ここまで表記してあるのに、まだ不足でしょうか・・・

また、蒟蒻畑は以前に起きた事故を受けて、形状を改善しています。けっこう昔(10年くらい前?)のことなので少しあやふやですが、以前はよくあるカップゼリーの形状でした。

それをつまんで押し出しながら、かみちぎれるよう、ハート型に変更しました。

蒟蒻畑のハート型の容器

食べたことのあるかたは分かると思いますが、側面を押すとハートのくぼみ部分がつぶれて、自然に押し出されるようになっています。また、側面もほぼ平行になっており、つまみやすくなっています。(円錐型だと押し出す時に、すべりやすくなってしまいます)

また、以下の書き込みは、説得力があります。

13年間で事故例17件というが、マンナンライフ製品の事故は17件中3件
蒟蒻ゼリーのシェア2/3を誇るにもかかわらず13年間でたった3件
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20081008k0000m040170000c.html

(上記リンク先からの引用)
国民生活センターの統計では、こんにゃくゼリーによる窒息死17件中3件がマ社の商品で起きている。全日本菓子協会によると、こんにゃくゼリーの売り上げは07年度約100億円で、うち約3分の2がマ社。マ社の売り上げの約9割は「蒟蒻畑」が占める。

むしろ蒟蒻畑での事故は少ないほうなのです。形状での工夫や、絵入りの注意表記が奏功しているものと思われます。

有名な製品であるがために、槍玉にあがってしまっているようで、非常に気の毒です。

あと、みなさん突っ込んでいらっしゃるので、ことさら言いませんが。

「子供が見て、食べたら死ぬと分かるようにしないと。」

毒じゃあるまいし・・・

そういえば、毒米やら毒餃子やらありましたねぇ。騒ぐべきはどっちなのか。■

[2008年11月30日 追記]
いろいろありましたが、ついに製造再開が決まったようです。

「蒟蒻畑」製造再開!

[2011年2月11日追記]
なんかこのページのアクセス数が急に上がってたので調べてみたら、面白い画像がアップされてました。

蒟蒻畑のパッケージに「死にます。」は、合成です。でも、面白い。

もちろんコラージュですので、誰かに伝える時には注意しましょう。ツイッター恐るべし。■

モンスタークレーマー対策の実務と法―法律と接客のプロによる徹底対談
モンスタークレーマー対策の実務と法―法律と接客のプロによる徹底対談

|

« 音カメラ | トップページ | あの深夜番組「カノッサの屈辱」が復活 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

毒じゃあるまいしという視点でいくと、規制推進側の意図が見えるような気もします。

健康被害(=死者)がこれだけ出ているのだから、規制は当然だと。

でもねぇ・・・食べ方に問題があったり(凍らせるなど)、注意書きを無視したり(こどもや老人に与えるなど)、そもそも注意書きすら読んでいない消費者が多いという点も勘案すべきだと思うんですよね。個人的には。

拙速な規制ができあがってしまい、被害者を引っ張り出してプロパガンダを打てば何でもできるのだと思い込む馬鹿が増えないことを祈ります。ほんとうに。

投稿: | 2008年10月12日 (日) 16時16分

でもねぇ・・・食べ方に問題が
あったり(凍らせるなど)、

こんにゃく添加のものは弾力が強いから、より危険だというのは事実だと思いますが、凍らせてしまったら、通常のカップゼリー(とろけるようにやわらかいやつ)でも、危険ですもんねえ。

子供の頃、カップゼリーを、凍らせて食べていた記憶があります。一口でほおばるんですが、子供の口にはやはり大きく、今振り返ると、どう考えたって危なそうです。

今、手元にあるカップゼリーを見ると、パッケージの裏側に、凍らせた場合はスプーンで食べろ、という注意書きがありますが、たぶん(一部の人には)守られないだろうなあと思います。

被害者を引っ張り出して

確証はないのですが、今回の被害者(蒟蒻畑を凍らせた)が、騒いでいるという話は聞きません。被害者もそれぞれで、自分の過失だと思っているケースも多いのではないでしょうか。

でも、消費者団体や行政が、被害者を盾に過剰な行動を起こすと、矛先が被害者のほうに行っちゃうんですよね。

投稿: 管理人 | 2008年10月12日 (日) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60878022

この記事へのトラックバック一覧です: パッケージ写真を掲載してみました:

« 音カメラ | トップページ | あの深夜番組「カノッサの屈辱」が復活 »