« キングオブコントの優勝者を決めよう | トップページ | 一本勝負にしてしまえ キングオブコント »

2008年10月 6日 (月)

キングオブコントの審査方式

2008年10月5日に放送された、コント芸人の頂点を決めようという番組。見なかった人は、M-1やR-1のコント版だと思ってもらえば分かりやすいと思います。

長期間に渡って予選を行い、準決勝と決勝がテレビで生中継されました。

なかなか斬新だなぁと思ったのは審査方式。

準決勝では、それまでに敗退した芸人たち100組による、1組5点の500点満点。

決勝では、準決勝で敗退した芸人6組による二択。つまり、決勝に残った「バッファロー吾郎」と「バナナマン」のどっちが面白かったか?という審査を、TKO、ザ・ギース、天竺鼠、チョコレートプラネット、ロバート、2700の6票が決めるという、すごい方式です。

実はその前に、本人たちによる審査というのがあって、バッファロー吾郎とバナナマンそれぞれに、自分たちと相手と、どちらが面白かったか言わせるという手順があったのですが、さすがにこれは有名無実化しそうです。相手グループの方が面白かったなんて、なかなか言えそうにないですよね。

これって、以前ダウンタウン松本氏が、ボクシングなどの判定で、明らかに負けていた方も、ガッツポーズとったりしているのを見て、おかしい、勝ち負けは本人が一番わかるだろう、みたいなことを言っていたので、そのへんを反映したシステムかなと思いました。憶測ですが。

(出場した)芸人たちによる芸人審査。なかなか面白い方式ですが、今後、どうなっていくんでしょうか。

一般ウケはしないが、通好みのネタで勝負するグループが増えるかもしれません。

ベテランに有利に働いてしまうかもという気もちょっとします。自分より若手の芸人に高得点をつけることに、多少の抵抗があるのではないかという理由で。

あと、松本人志氏が冗談で言ってましたが、吉本の組織票とか。

おそらく杞憂でしょう。きっと、芸人さんたちは平等に採点してくれるはずです。

ちなみに、どのコントが面白かったか、ネットユーザで勝手に投票してしまおうというエントリも書いたので、良かったら見てみてください。

キングオブコントの優勝者を決めよう
http://claimant.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-87c2-1.html

キングオブコント 2008 [DVD]
キングオブコント 2008 [DVD]

|

« キングオブコントの優勝者を決めよう | トップページ | 一本勝負にしてしまえ キングオブコント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60878005

この記事へのトラックバック一覧です: キングオブコントの審査方式:

« キングオブコントの優勝者を決めよう | トップページ | 一本勝負にしてしまえ キングオブコント »