« パッケージ写真を掲載してみました | トップページ | 『出身地(イナカ)がわかる!気づかない方言』 »

2008年10月12日 (日)

あの深夜番組「カノッサの屈辱」が復活

テレビの番宣で、「カノッサ」というキーワードが聞こえたので(よく見てなかった)、もしやと思って検索すると。

『カノッサ 秋の特別講習
 ~タイヤ幕藩体制と海外列強の展開~』
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2008/08-283.html

1990年4月~91年3月まで放送した伝説の番組『カノッサの屈辱』。かつてフジテレビの深夜バラエティで大人気を博し、フジテレビ深夜番組の黄金期を築いたこの番組の番外編『カノッサ 秋の特別講習』が、今月10月16日に復活します。

とのこと。なつかしー。

「やあみなさん、私の研究室へようこそ」って、中谷昇「教授」がやってました。

かすかに覚えているのは、まだバブルの頃で、

中谷教授が、「世の中の男性たちは女性に高価な貴金属を贈ります、いったいなんのためでしょうか?」みたいなことを言いながら、指輪を試験管に入れると泡が出てきて、それに火をつけるとポンっと燃える。
「そうです、Hです」っていうのがありました。

CSフジなんかでも再放送されていたんですね。僕は当時見たきりなので、ほとんど覚えていません。アカデミックな雰囲気を出しつつ、実にくだらないパロディーになっているっていうのが、面白かったように記憶しています。

今回のテーマ「タイヤ幕藩体制と海外列強の展開」だそうですが、タイヤ?なんでそんな渋いテーマ?と思ったら、ミシュラン絡みなんですね。例のレストランガイドブックの話がメインなんでしょうか?それとも、ほんとにタイヤの話もするんでしょうか。

中谷昇さんは亡くなってしまわれたので、教授は誰なんでしょうか?

フジ系「カノッサの屈辱」一夜限りの復活…教授は伊武雅刀
http://racing27.com/archives/2007/01/26/891/

上記の記事を見ると、前回の復活(2007年2月5日)では伊武雅刀さんがやったそうですが(検索してて今知った)、今回は誰?

ちなみに、上記ブログに

バブルと言うとなぜかホイチョイ・プロダクションズが頭に浮かんじゃうのですがいかがな物でしょうか。「私をスキーに連れてって」ですよ。夜スキーでみんなでたいまつ持って滑り降りる訳ですよ。それがバブルでトレンディなのです。以上バブルのイメージでした。

これってものすごく分かります。スキーでたいまつ。今思えば、ほんとにあれはかっこよかったんだろうか。。。人間冷静さが肝心です。

私はまだ学生で、ビッグコミックスピリッツで「気まぐれコンセプト」読んで、大人の世界ってすごいなーって思ってました。

[2008年10月19日追記]
見た後の感想を書きました。

カノッサ秋の特別講習
http://claimant.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-67f4-1.html

カノッサの屈辱
カノッサの屈辱

気まぐれコンセプト クロニクル
気まぐれコンセプト クロニクル

|

« パッケージ写真を掲載してみました | トップページ | 『出身地(イナカ)がわかる!気づかない方言』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60878023

この記事へのトラックバック一覧です: あの深夜番組「カノッサの屈辱」が復活:

« パッケージ写真を掲載してみました | トップページ | 『出身地(イナカ)がわかる!気づかない方言』 »