« 国道にてヒヤリ | トップページ | 夢みたいな通勤電車 »

2008年12月23日 (火)

M-1のカメラ切り替えが、ネタを台無しに

先日のM-1グランプリを見ていたのですが、気になることが。

以下は、オードリーのネタの抜粋。

若林:お前理想ある?
春日:私は貝になりたい
若林:じゃあ、漫才やめちゃえばいいんですよ。
春日:お前ほんとに俺に漫才やめてほしいのか?
若林:本気でやめろっていうほど、お前のこと嫌いじゃないよ。
二人:へへへへへへへへっ。(とふんぞりかえって笑う)
若林:ヘイ!ヘイ!(とハイタッチしようとするが、春日が無視する)
若林:ハイタッチしろよおまえ。

オードリーのネタで、よく登場するパターンです。

で、何が問題だったかというと、

オードリー「へへへへへっ」
へへへへへへへへっ

の後の、若林がハイタッチを求めるところで、なんと、

上戸彩の映像に切り替わる
上戸彩の映像に切り替わってしまった

なので、「ハイタッチを求めるが無視される」、というくだりの映像がほとんど映らなかったのです。間に違う映像をはさんだことで、テレビを見ている人にしてみれば、確実に笑いが一つ減ってしまうことになってしまいました。

M-1を見ている間ずっと気になっていました。ネタの途中でちょいちょい、ゲストや審査員の映像をはさんでくるんです。審査員の真剣な表情を映して臨場感を出したいんでしょうか。笑っているゲストを映して、誘い笑いを狙っているんでしょうか。

いずれにせよ、ネタの邪魔にしかなっていません。

そんな小細工しなくても、芸人さんたちはネタで勝負しているんです。邪魔しないであげてください。

M-1グランプリ the BEST 2001~2006 DVD BOX
M-1グランプリ the BEST 2001~2006 DVD BOX

|

« 国道にてヒヤリ | トップページ | 夢みたいな通勤電車 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

その通りだと思います

投稿: | 2009年3月 8日 (日) 22時19分

同意の意思表明コメントありがとうございます。

コント55号みたいに走り回るネタならともかく、漫才の場合は、最初から最後まで、正面からのワンカットだけでいいような気がします。

コント55号が分かってもらえるか心配なんで、今で言うと、カンカラでしょうか。違うかー。

投稿: 管理人 | 2009年3月 9日 (月) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60878167

この記事へのトラックバック一覧です: M-1のカメラ切り替えが、ネタを台無しに:

« 国道にてヒヤリ | トップページ | 夢みたいな通勤電車 »