« 西友の比較広告に対抗するジャスコ津田沼店 | トップページ | 面白いから見るわけじゃない »

2008年12月 9日 (火)

消費者の敵「ユニカねっと」

もう、そろそろ、ほっといてくれませんか?

こんにゃくゼリー製造、消費者団体「再開見送りを」
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/20081202gr03.htm

全国の消費者団体などで組織する「消費者主役の新行政組織実現全国会議(ユニカねっと)」は1日、マンナンライフ(群馬県富岡市)によるこんにゃく入りゼリー製造再開について、「事故の再発の可能性が否定できない」と、見送りを求める声明を発表した。

 マンナンライフは、ゼリーをのどに詰まらせたことによる幼児の死亡事故を受け、10月に製造・販売を一時中止。11月25日に出荷を再開した。声明では、「客観的なデータに基づいて安全性が担保されない限り、安易に製造・販売を行うべきではない」と、公正中立な機関による商品テストの実施を求めている。
(2008年12月2日  読売新聞)

こんにゃくゼリーの件だけをとりあげて、上記の消費者団体を否定する気はないです。でもね、

ポイントがずれてますよ

こんにゃくゼリーに関しては、十分周知されたし、パッケージも改善されたし、こんにゃく粉を減量するなど、企業努力もなされているんです。これ以上、攻撃するのは、完全に的外れなんです。

食品による事故を減らすことを1つの目的とするのなら、あまり知られてないけど危険性が高いものや、食べ方によっては危険なもの、注意表記が十分でないもの、などを新たに発掘してきて、広報するなり、メーカーに意見するなりすればいいと思いますよ。

少しは、世の中の反応みたいなもの見てないと、ちょっと浮いた感じになってますよ、「ユニカねっと」さん。

モンスタークレーマー対策の実務と法―法律と接客のプロによる徹底対談
モンスタークレーマー対策の実務と法―法律と接客のプロによる徹底対談

|

« 西友の比較広告に対抗するジャスコ津田沼店 | トップページ | 面白いから見るわけじゃない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60878133

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者の敵「ユニカねっと」:

« 西友の比較広告に対抗するジャスコ津田沼店 | トップページ | 面白いから見るわけじゃない »