« ブラタモリをストリートビューで確認 | トップページ | こっちはOK、東京のマックのサクラ疑惑 »

2008年12月27日 (土)

これぞ、ザ・日本「ゆく年くる年」

絶対におすすめしたいのが、NHKの「ゆく年くる年」。そんな地味な番組見れるか、なんて言わずに一度見てみてください。紅白歌合戦と連チャンで見るのが吉です。

紅白のちょっぴり馬鹿騒ぎ気味なノリが終了した後、23時45分、急に無音になり除夜の鐘が。各地のお寺や、年越しの様子が静かに伝えられます。

年が明ける瞬間もカウントダウンしたりはしません。画面に0:00の文字が出たと思ったら、「今、年が明けました」のナレーション。えー、事後報告?って感じです。

さすがに、明けた後は「おめでとうございます」みたいなのもありますが、それほど大騒ぎしません。そして、0:15には終わってしまいます。ここですごーく寂しい気分が味わえます。

この30分に、日本の年越しの風情が詰まっているのです。

コネタマ参加中: 年末年始のテレビ番組、見逃せないのは何?

六段・春の海~筝曲の神髄
六段・春の海~筝曲の神髄

|

« ブラタモリをストリートビューで確認 | トップページ | こっちはOK、東京のマックのサクラ疑惑 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60878177

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ、ザ・日本「ゆく年くる年」:

« ブラタモリをストリートビューで確認 | トップページ | こっちはOK、東京のマックのサクラ疑惑 »