« チューハイにレモン | トップページ | ネスカフェ「チャージ体験セット」の違和感 »

2009年1月31日 (土)

タモリ倶楽部 幻の第1回

みなさん、見ましたか?

やっぱり物足りなかった。1270回分の総集編を一時間でやるんですから、しょうがないですね。比較的新しい回もたくさん出てましたが、私としては初期の頃を中心にやってほしかったなと感じました。

でも、タモリ倶楽部 幻の第1回(1982年10月8日放送)を見られたのは感動でした。

第1回の放送は、ドキュメンタリー番組のパロディ風の企画だったそうです。

ナレーション:
タモリのもつレギュラー番組の中で最も長く続いているのが、このオールナイトニッポンである。
われわれ取材班は、生放送が行われているニッポン放送のおもてにひそみ、本番終了後のタモリの行動を隠しカメラで追うことにした。
午前3時5分タモリが出てくる。
ここで見つかってしまっては、この追跡ドキュメンタリーは失敗に終わる。
われわれ取材班の体が思わず緊張する。

タモリ倶楽部第1回その1
「わかってるよ。見えてるよ」

ナレーション:
見つかっていない。
われわれ取材班は、ほっと胸をなでおろして、タモリの追跡にかかった。

スナック風のお店に入って・・・

タモリ倶楽部第1回その2

レポーター: 「あの、このお店ですね、タモリさんがよく見えるって聞いたんですけども」
ママ: 「最近あんまりお見えにならないんですよ」
レポーター: 「ということは、以前は・・・」

と、やりとりをしている後ろで、タモリさんがカラオケを歌っているという、なんじゃこりゃ状態。

この後も、何のクライマックスもないまま進行するという、ゆるい感じの第1回放送だったそうです。

もはやテレビ朝日の歴史となりつつあるタモリ倶楽部。DVD BOX化を希望。

タモリのTOKYO坂道美学入門
タモリのTOKYO坂道美学入門

|

« チューハイにレモン | トップページ | ネスカフェ「チャージ体験セット」の違和感 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879211

この記事へのトラックバック一覧です: タモリ倶楽部 幻の第1回:

« チューハイにレモン | トップページ | ネスカフェ「チャージ体験セット」の違和感 »