« インフルエンザ流行と鉄道会社の責任 | トップページ | 論語とピアス »

2009年1月19日 (月)

マスク不足になる前に

新型インフルエンザに関する、なかなか怖い特集を読みました。

新型インフルエンザ危機のシナリオ! ワクチンは3人に1人だけ、県単位で学校閉鎖、マスクが買えない
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20090113/1022726

上記の特集の中の、5ページ目、マスクに関する箇所を引用しますと。

個人でできる防衛策
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20090113/1022726/?P=5

しかし、ひとたび新型インフルエンザが発生すればマスクが手に入らなくなる可能性すらある。日本で販売されるマスクの多くが海外で生産されているためである。

 「マスクの国内生産率は20数%に過ぎない。他の国で新型インフルエンザが発生し、各国でマスクの需要が一気に高まれば日本への輸出が極端に減ることも考えられるし、海外工場のマスク生産そのものがストップしてしまう懸念もある」(石川氏)。

 いざとなってからあわてないためにも、早めに50枚入り、100枚入りといったパックで多めに家族分のマスクを備蓄しておくべきだろう。

食料自給率だけでなく、マスク自給率も低いのですね。

と、新型インフルエンザの恐怖と、マスク不足の可能性をほのめかした上で・・・、

amazonで「マスク」を検索

さりげなく(いや、さりげなくないが)、amazonへのリンクを貼ってみる。こういうのを、えげつないアフィリエイトといいます。

冗談はさておき、ひとたび大流行が起きれば、外出をなるべく減らすために、amazonや楽天のような通販サイトは非常に多く利用されるんではないでしょうか。生鮮品はあまりないでしょうが、カップ麺などの保存できる食品を大量に買う場合は、通販は相性がいいように思います。

生鮮品に関しては、生協が昔からやってて、最近はヨーカドーや西友やイオンもやり出した、宅配サービス(ネットスーパーとか呼んでる?)がブレイクするかもしれません。でも、こういう状況で「チャンス」とか言うと、誰かみたいに怒られるので、要注意ですね。

あと、薬の通販の問題も考えなきゃいかんですね。

楽天、国を相手に訴訟辞さず
薬ネット販売、代引きサービス…、相次ぐ規制に怒り心頭

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090108/182238/

いろいろな事情で外出が困難な人っているわけです。オールOKにしろとは言いませんが、販売できなくなる薬の線引きは慎重にやってもらいたいです。

販売できない医薬品は、改正薬事法で定義される、副作用のリスクがある1類と2類。薬局などで販売されている大衆薬のうち、「ルル」や「バファリン」などを含む約65%が、規制の対象となる。それらをネットで販売した場合、事業者は処分や罰則の対象にもなる。

「ルル」や「バファリン」もNGとはねぇ・・・。

新型インフルエンザの専門家会議が推奨する備蓄リストの中には、

専門家会議が推奨する備蓄品
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20090113/1022726/?P=7

解熱鎮痛剤(アセトアミノフェンなど)

とあります。

そして、ルルや小児用バファリンは、アセトアミノフェンを含んでいる薬だったりします。これくらい通販で買えてもいいのではと思ってしまうのですが。

よくわかる改正薬事法 医薬品販売制度と登録販売者編
よくわかる改正薬事法 医薬品販売制度と登録販売者編

|

« インフルエンザ流行と鉄道会社の責任 | トップページ | 論語とピアス »

心と体」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
私は以前から花粉症で、マスクが欠かせないので
いつも準備してあるんですが、会社から帰るのが遅い事もあり
ネットでまとめ買いしていました。
(その方が安く付きますしね…)
ところが、昨今のインフルエンザのせいで、いつも利用していた
サイトの商品がすべて インフルエンザ対策の商品に変わってしまいました…
おかげで、1個あたりの値段が数倍に…(汗)
さらには、それらのマスクまでもが、品薄状態とは…
現在、違うサイトも探しているとこです。
ちょっと世間が過剰な反応をしすぎなように感じますね…
噂では、会社(企業)が社員に配布するために買い占めている
(まとめ買いのしすぎ?)
も品薄な原因のひとつになっているみたいですね…
一応、URLにも入れておきましたが、私が普段 マスクの
購入に使っていたサイトを見てください!
すべて、インフルエンザ対策の商品だけになっているので…

ちなみに、お断りしておきますが、そのサイトの関係者ではありませんので、別に購入を勧めるものではありません。

http://mask.choumusubi.com/

投稿: 鼻水 | 2009年5月20日 (水) 21時16分

たしかに便乗の匂いがしますよね。キーワードは今「新型インフルエンザ」的な。

まだ東京の方では本格的には流行していないので、マスクも手に入らないというほどではないですが、神戸みたいになったときには、ほんとになくなるかもしれませんね。

さすがに定価以上で売るような、あくどいところはないでしょうけど。

値下げせずに売れるなら、どこのお店も値下げしなくなって、結局は価格の上昇につながってしまうということでしょうね。

投稿: 管理人 | 2009年5月21日 (木) 07時40分

先ほどTBSのニュースで報道してましたが、楽天が加盟店に対して、マスクを買い占めて転売を促すような案内を一斉に送っていたみたいですよ。

関西人ですが、こんなあこぎな商売を平気で勧める企業とは、もう関わりたくありません!
これまで楽天の会員でしたが、このニュースを聞いてからすぐに会員登録を解約しましたね。
今後、楽天からは二度と商品やサービスを購入しないでしょう。

投稿: 激怒大王 | 2009年5月26日 (火) 22時53分

このニュース↓ですね。リンク先に動画もあります。

「楽天、加盟店に「マスク買い集め」奨励」 News i - TBSの動画ニュースサイト
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4142124.html

楽天のような会社が、加盟店に対して、儲けるためのアドバイスをするのは、当たり前のことではあるのですが、今回のような医療系の商品の場合、さすがにえげつない感じがしますね。

楽天の影響力とか、企業の社会的責任を考えると、楽天の西日本第一企画運営チームの行動は、軽率ですよね。

それに、いただけないのは、楽天の広報が今回の件に対し、「文面が過激だとすれば、相手がプロの加盟店だからで、特に問題はないと考えている」と答えていること。

文面だけの問題ではないと思いますけどね。

投稿: 管理人 | 2009年5月27日 (水) 04時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879176

この記事へのトラックバック一覧です: マスク不足になる前に:

« インフルエンザ流行と鉄道会社の責任 | トップページ | 論語とピアス »