« これは「ギャートルズ肉」だろうか? | トップページ | キシモトマイの起こした奇跡 »

2009年2月 9日 (月)

吸引した脂肪の用途

これまた、食事中の人にはちょっと・・・、という話題ですが。

人の脂肪をリサイクル ココログニュース:@nifty
http://news.cocolog-nifty.com/cs/catalog/cocolog-news_article/catalog_world-200902052009_1.htm

今や何でもかんでもリサイクルする時代となったが、アメリカで人の脂肪をリサイクルした医師が摘発された。ビバリーヒルズに診療所を構える形成外科医師が、脂肪吸引を受けた患者の脂肪を車の燃料として使用していたというのだ。

良いか悪いかとかはとりあえず置いておいて、この話を聞いたとき、ブラッド・ピットが出ていた「ファイト・クラブ」を思い出しました。

Variety Japan | FILM SEARCH - ファイト・クラブ
http://search.varietyjapan.com/moviedb/cinema_31796.html

タイラーはエステサロンのゴミ箱から人間の脂肪を盗み出し、石鹸を作って売っていた。
(上記ページの「◇ストーリー」より抜粋)

これがですね、「脂肪」って聞くと、白い色っていうか、乳白色系のイメージかなーと思ったら、映画の描き方では血が混じっている感じで、やっぱりグロテスクでした。しかも、それを人が肌につけて使う石鹸の材料にしちゃうあたりが、なんともちょっとねぇ。

ちなみに、わたくしこの「ファイトクラブ」けっこう好きですね。前提知識なしで見たんですが、最初、なんか暴力シーンを売りにした映画なのかと思いましたら、心理的なストーリーというか、サイコな感じが。でも、まあ、今となってはあんまり覚えてないんですけどね。

で、最初の話題に戻って、車の燃料ならアリ?

患者のコメントも、

元患者だと名乗る女性からの「いらなくなった脂肪を医師がどう使おうと構わない。患者としては腕さえよければいいわけだし。その点、彼は素晴らしい形成外科医だった」というコメントも掲載されていた。

う~ん、患者がいいって言っているなら・・・。

でも、その排気ガスを吸うのが、イヤだなあ。

ファイト・クラブ [DVD]
ファイト・クラブ [DVD]

|

« これは「ギャートルズ肉」だろうか? | トップページ | キシモトマイの起こした奇跡 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879240

この記事へのトラックバック一覧です: 吸引した脂肪の用途:

« これは「ギャートルズ肉」だろうか? | トップページ | キシモトマイの起こした奇跡 »