« プーカ型植木 | トップページ | 階段 »

2009年2月 3日 (火)

村野常右衛門の生家前の赤ポスト

東京都町田市の野津田公園の中に、村野常右衛門の生家が復元されているのですが、その家の前に風情のある赤ポストが設置されています。

村野常右衛門の生家前の赤ポスト

村野常右衛門の生家がどんな感じかは、以下のページに写真がいっぱい載っていて分かりやすかったです。

村野常衛門生家
http://holyweb.hp.infoseek.co.jp/murano.html

しかしこのページ、いかんせん記載が「常衛門」となっているため(正しくは常衛門)、タイポしないと見つからないという、知る人ぞ知るページとなってしまっております。

ちなみに場所はココです。左下に写っているのは、子供用のアスレチック風の遊具。


大きな地図で見る

「東京」と言っても、町田市は駅付近の市街地以外は、かなり田舎です。野津田公園もかなり自然を残した作りになっています。

で、このポスト、「ちゃんと郵便の回収に来ているのかなあ?」と思っていたんですが、まあ、日に1回くらいは来るんだろうと、漠然と考えていました。

で、この前、ちょっと気になって、郵便取り出し口の鍵穴をよく見てみると・・・

赤ポストの郵便取り出し口

あっ、木の葉みたいなごみが詰められてる!

ということは、鍵がしばらく開けられていない=回収していない、ってことじゃん。郵便間違えて入れちゃったらどうすんのよー、と思って、よくよく投函口を見てみると・・・

赤ポストの投函口

ちゃんと塞いでありました。

流転の民権家―村野常右衛門伝 (1980年)
流転の民権家―村野常右衛門伝 (1980年)

|

« プーカ型植木 | トップページ | 階段 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879222

この記事へのトラックバック一覧です: 村野常右衛門の生家前の赤ポスト:

« プーカ型植木 | トップページ | 階段 »