« プレゼントが苦手 | トップページ | なんとか食いつないだ初任給 »

2009年4月29日 (水)

あたなの英語は通用しない

従来、広告というものは、間に広告代理店が入ったりして、いろいろな手順を踏んだ上で出すものだったのですが、グーグルがやり方をガラッと変えてしまいました。

テキストやリンクを打ち込むだけで、最近は、簡単にウェブ広告が出せるんです。とても簡単になりすぎた、からでしょうか、こんな広告が・・・

「あたなの英語は通用しない」?
あたなの英語は通用しない」

あたな?普通に考えると、「あなた」をミスタイプしたんだろうなと思うんですが、いや、もしかしたら、あえて間違ったふりをすることによって、注意をひこうとしているのでしょうか。そう言えば、わざと逆さまに付けられた看板を何度か見たことがあります。

ここは確認せねば。でも、自分でクリックすることは、きつーい御法度。

ということで、わざわざURLを手入力してリンク先を確認したところ、リンク先には特に変わったところはなし。やっぱり、ただ間違っただけなのか。でも、わざとやったという可能性も捨てきれない。うーん、広告は奥が深い。

そして、さりげなく気になるのが、その下の広告。「手品DVDは、まだ買うな。」

「マンションはまだ買うな」とか「地デジ対応テレビはまだ買うな」とかだったら分かる気がするんですが。手品DVDかー。「まだ」も何も、ほとんどの人にとっては一生縁のないもののような気が・・・。

世界に通用しない英語―あなたの教室英語、大丈夫? (開拓社言語・文化選書)
世界に通用しない英語―あなたの教室英語、大丈夫? (開拓社言語・文化選書)

|

« プレゼントが苦手 | トップページ | なんとか食いつないだ初任給 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879409

この記事へのトラックバック一覧です: あたなの英語は通用しない:

« プレゼントが苦手 | トップページ | なんとか食いつないだ初任給 »