« 「マックでDS」いきなりシステムトラブル | トップページ | リレー、走るなら第何走者? »

2009年6月22日 (月)

リニア新幹線 品川-名古屋は40分

リニア新幹線ができれば、名古屋まで40分でいけちゃうんですね。

品川-名古屋は286km・40分、リニア新幹線の南アルプスルート | 建設:最新ニュース | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20090618/161253/

東海旅客鉄道(JR東海)が2025年の開業を目標に計画を進めているリニア新幹線について、首都圏から中京圏の最短ルートは路線長が286km、所要時間は最速40分であることが明らかになった。

ただし、「40分」という数字は、候補ルートのうち最短の「南アルプスルート」に決まった場合のもの。「木曽谷ルート」の場合は46分、「諏訪・伊那谷ルート」だと47分になってしまいます。

「○○ルート」って言われてピンとくるのは、相当のリニア新幹線マニアだけでしょう、普通の人は以下のページを見ると、ルートを表記した地図も載っていて分かりやすいです。上記にあげたリンクの先の詳細記事のページなのですが、日経のケンプラッツというサイトに会員登録(無料)しないと見られません。あしからず。

品川-名古屋は286km・40分、リニア新幹線の南アルプスルート|日経BP社 ケンプラッツ
品川-名古屋は286km・40分、リニア新幹線の南アルプスルート|日経BP社 ケンプラッツ
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20090618/533479/

「建築・土木・不動産の総合サイト」って聞いた瞬間に、自分には関係ない、と思ってしまいそうですが、上記のような鉄道の建設状況のような情報も入るので、登録しちゃいました。

ちなみに、時間が余計にかかるルートというのは上記リンク先の地図で見れば分かるように、明らかに遠回りなんですが、このルートは経済効果を期待している長野県が強く求めているそうです。

記事によせられたコメントを見てみると、ほとんど全員が最短の南アルプスルートにすべきだと言っています。ま、長野の人以外は常識的に考えて、最短で最速で最安(建設費)の南アルプスルートが良いと思うでしょうね。速くするためにわざわざリニア作っているんですから。

超・新幹線が日本を変える
超・新幹線が日本を変える

|

« 「マックでDS」いきなりシステムトラブル | トップページ | リレー、走るなら第何走者? »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

もういらない

南アルプスに穴を開けるべからず

既存の東海道新幹線の大改修を如何に行うか真剣に考えられたし。

高速度を追求し尚且つ鉄道に拘らなければ東阪間には航空便が頻発しています。

確かに東名間40分は驚異ですが、消費電力は巨大、電磁波の人体に於ける影響も未だ不明で不安の種であります。
高速道路とか新幹線とか空港等が充実している現代に於いて更に莫大な建設費を投じてリニアを建設よりも既存施設の維持の方が大切かと存じます。

投稿: I love train | 2013年8月30日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879512

この記事へのトラックバック一覧です: リニア新幹線 品川-名古屋は40分:

« 「マックでDS」いきなりシステムトラブル | トップページ | リレー、走るなら第何走者? »