« 山田五郎の芸名の由来になったシャープペンシル | トップページ | 保温お弁当箱にあこがれた(ときもあった) »

2009年6月 7日 (日)

改正薬事法のせいで、レジ精算が不便に

昨日、カワチ薬品というドラッグストアに買い物に行きました。いつものように、買い物かごにあれこれ入れて、レジに行ったんですが、「これとこれとこれは医薬品専用レジで精算をお願いします」と言って、分けられてしまいました。

結局、日用品や食料品だけそのレジで精算した後、別の医薬品レジに行って、医薬品を精算しました。めんどくさっ。

ドラッグストアって、医薬品や食料品や日用品をいっぺんに買えるのが良かったのに、一般レジと医薬品専用レジと分けてしまったら、魅力半減ですよね。

ちなみに、医薬品レジには薬剤師の方と登録販売者の方がいました(胸にバッジをつけていた)。カワチ薬品の場合、こっちのレジでは、食料品などは処理してくれません。ドラッグストアとしては、レジ打ちバイトを雇うコストがあがっただけでしょうね。薬剤師さんだからと言って、買う医薬品に対して、いちいちコメントやアドバイスしたりはしないですもん。普通のレジ打ちと同じで、医薬品のバーコードをピッとやるだけ。これ、意味あるんでしょうかね?

今回の法改正で医薬品は1~3類に分類され、1類は陳列しないようになったそうです。

「薬の販売こう変わった 改正薬事法のポイント」:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/261075/

カワチだと、空箱を医薬品レジに持っていくと、出してくれるシステムのようです。

昨日買ったものと同じものの買い置きがあったので、見比べてみると、パッケージが変わっていました。各製品とも1類/2類/3類の区別を表記するようになったようです。

以下は、目薬「ロート ジーファイ」(第2類医薬品)と、かゆみどめ「液体ムヒベビー」(第3類医薬品)のパッケージ写真です。

目薬「ロート ジーファイ」(第2類医薬品)のパッケージ
ロート ジーファイ

かゆみどめ「液体ムヒベビー」(第3類医薬品)のパッケージ
液体ムヒベビー

分かりやすいのはいいんですけどね。

レジの件は、ちょっと面倒なので、なんとかしてほしいです。

薬事ハンドブック2009
薬事ハンドブック2009

|

« 山田五郎の芸名の由来になったシャープペンシル | トップページ | 保温お弁当箱にあこがれた(ときもあった) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879477

この記事へのトラックバック一覧です: 改正薬事法のせいで、レジ精算が不便に:

« 山田五郎の芸名の由来になったシャープペンシル | トップページ | 保温お弁当箱にあこがれた(ときもあった) »