« 「北朝鮮の核ミサイルから、国民の命を守る」という常識 | トップページ | 民主党候補者に投票した、自民党支持者たち »

2009年8月30日 (日)

小選挙区は民主、比例代表は自民

小選挙区で投票する候補者の政党と、比例代表で投票する党が違う人なんかいるのかなあと、常々思っていたのですが、今回の私の投票がそうでした。

諸々の理由から、私は民主党があまり好きではないので、民主党には入れないつもりでした。

が、私の選挙区の自民の候補者がどうもパッとしないんです。今回の選挙で初めて見た顔。どんな活動しているのだろう?

逆に、私の選挙区の民主の候補者は、私が利用する最寄駅で、何度かビラ配りをしているのを見かけました。選挙前ではない時期にも、定期的に見かけました。配っているビラを読めば、この政治家がどんな活動をしているのかが分かります。いろんなことやっているんだなということが分かります。

やっぱり選挙前だけ、活動したって駄目ですよ。次々と街宣車(選挙カー)が走ってくるような時期に、いくら名前を連呼したって、「またか」って思うだけでしょ。選挙の時期じゃないときに、どれだけアピールできるかですよね。

あと、これはすごく効果があると思うんですが、選挙後にお礼参りをしてはどうでしょう。選挙後の最初の週末にでも、当選した人はお礼を、落選した場合は次回に向けた思いを伝えるために、街を回る。街中がうるさい時期に回るより、よっぽど有権者の心に届くと思います。

10年前、20年前のことは忘れても、人間、たった4年前のことは覚えているもんですよ。4年先のことを考える計画性くらいはないとねえ。

今の論点ハンドブック 投票所へ行く直前に読む本
今の論点ハンドブック 投票所へ行く直前に読む本

|

« 「北朝鮮の核ミサイルから、国民の命を守る」という常識 | トップページ | 民主党候補者に投票した、自民党支持者たち »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879639

この記事へのトラックバック一覧です: 小選挙区は民主、比例代表は自民:

« 「北朝鮮の核ミサイルから、国民の命を守る」という常識 | トップページ | 民主党候補者に投票した、自民党支持者たち »