« ネーミングの勝利「マスク飴」 | トップページ | 過去の作品と競合するという考え方 »

2009年8月28日 (金)

サンポー焼豚ラーメン

私の育った佐賀県に、サンポー食品という即席めんを扱っているメーカーがありまして、そこの「焼豚ラーメン」(なんて、まんまのネーミング)というのを、よく食べておりました。

サンポー焼豚ラーメン
サンポー食品株式会社:商品情報:カップめん・袋めん
http://www.sanpofoods.co.jp/products/cupnoddle.html

今、サンポーのサイトを見てみると、「味噌とんこつ味」とか「和風あごだしとんこつ味」などありますが、それではなくて、上から三段目の「焼豚ラーメン」というシンプルなやつです。

九州近辺では流通しているようですが、関東では見かけません。サンポーの棒ラーメンなら、関東でもけっこう見かけるのですが。

福岡にいた学生時代に、「サンポーの焼豚ラーメン以外の、とんこつカップめんは食えない」とまで豪語していた友人がいたのですが、彼がなぜそこまで高く評価していたのかは分かりませんが(こらこら)、比較的普通のとんこつカップラーメンでした。

今は剥がすタイプの紙のフタになっているようですが、昔はうすいプラスチックのフタでした。昔のUFOみたいな。

スープと焼豚と紅しょうがの小袋が入っていて、この焼豚が非常にうすい。透かすと、向こうが見えるとか見えないとか。わたし、子供の頃、この焼豚が(間違って)2枚入っていたということがありました。ありがとう、サンポー食品。

とんこつスープはちょっとクセがあって、それが、在京メーカーが出しているとんこつ味とは一線を画していました。胡椒もきいていました。

サンポー食品といえば、「やかんちゃん」という女の子のキャラが出ていたCMなんですが、YouTubeで探しても見つかりません。佐賀県にはインターネットがないのかもしれません(こらこら)。まあ、古すぎて残ってないのでしょうか。

でも、サンポーのサイトにこのキャラが載っていました。昔のテレビCMのは、実写だったのですが、アニメ絵みたいになっています。

サンポーのやかんちゃん
サンポー食品株式会社
http://www.sanpofoods.co.jp

こんなやかんの形のメガネかけて、やかんを持った、女の子がCMでちょこまかと走り回っていました。

ほかにも、サンポーといえば、「ヤキブタヤキソバ POOTAROU(プータロー)」というのがありました(今もある?)。

ヤキブタヤキソバ POOTAROU(プータロー)
街でみつけた変なもの!:017
http://www.cty-net.ne.jp/~hac-f/town_017.htm

カップ焼きそばなのですが、パッケージでデカデカと、豚の顔をあしらうという斬新さ。その豚の顔がエンボス加工になっているというシズル感。そして、「ヤキブタヤキソバ」と銘打っている割には、申し訳程度に入っているヤキブタ。

九州に旅行の際には、ぜひ探してみてください。■

コネタマ参加中: 好きなカップラーメンは?

カップラーメン用ポット ポットヌードル 300cc約140秒で沸く電気ケトル
カップラーメン用ポット ポットヌードル 300cc約140秒で沸く電気ケトル

|

« ネーミングの勝利「マスク飴」 | トップページ | 過去の作品と競合するという考え方 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879635

この記事へのトラックバック一覧です: サンポー焼豚ラーメン:

« ネーミングの勝利「マスク飴」 | トップページ | 過去の作品と競合するという考え方 »