« ろくむし(にむし)というボール遊び | トップページ | カフカの『審判』が訳が分からないという話 »

2009年10月24日 (土)

マツコ・デラックスとドラえもんの類似性

ずばり「丸い」。とか、そんなんじゃなくて・・・

ちょっと前(2009年10月11日)に録画した「ガキの使いやあらへんで」を見ておりますと、お馴染みの企画「クイズ ○○の500のコト」をやっていました。今回は、マツコ・デラックスさん。

「マツコの年齢は?」というクイズ(質問)があり、私は45歳くらいかなと思ったら、マツコの回答は「36歳」。

この企画、クイズとは言え、本人が言ったことが答えになります。もしや、サバを読んでいるのではと思い、ウィキペディアで確認してみますと、

マツコ・デラックス - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

誕生 1972年10月26日(36歳)

あ、ほんとだ。けっこう若いですね。なのに、あの貫録。

記事をさらさらーと眺めていると、

体重・スリーサイズともに全て「150」である。

ん?どこかで見たようなプロフィール。そうだ、あの国民的ネコ型ロボットだ。

ドラえもん (架空のキャラクター) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93_(%E6%9E%B6%E7%A9%BA%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC)

身長:129.3センチメートル
体重:129.3キログラム
パワー:129.3馬力
頭の周り:129.3センチメートル
胸囲:129.3センチメートル
座高:100センチメートル
足の長さ:129.3ミリメートル
ネズミを見たときに飛び上がる高さ:129.3センチメートル
ネズミを見たときにネズミから逃げる速さ:時速129.3キロメートル

そうそう、子供の頃、『ドラえもん百科』という単行本で見た記憶があります。

ドラえもんのプロフィールに関しては、ウィキペディアに

ただし連載が進むにつれ、のび太より若干低く描かれるようになった。なお、アニメではドラえもんの身長は1メートル程度になるよう作画されている。

とか、

体重は129.3キロとのことだが、のび太の頭に乗ったり、のび太がドラえもんを抱き上げたり、のび太とシーソーに乗ったり、のび太と取っ組み合いの喧嘩をするような描写もある。

と、細かいつっこみも入っております。

さすがにマツコさんも、バスト・ウェスト・ヒップ・体重が、すべてぴったり150ってことはないでしょうね。多少のデフォルメはあるんでしょうが、でも、あながち嘘ではなさそうに見えるところがすごい。

前述のガキの使いの番組中でも、松本人志氏が、マツコ・デラックスは

「元々 実写の人じゃない」(「マツコ・デラックスの500のコト」より)
元々 実写の人じゃない

と言っていることですし。もはやドラえもん級。

そして、今週のハイライト。

ココリコ遠藤に想いをよせるマツコ・デラックス。番組の最後で、遠藤におにぎりを「エロティックに食べて」とのリクエストを。

そして、「エロティックにおにぎりを食べる遠藤。それを、ガン見するマツコ・デラックス」という絵。

エロティックにおにぎりを食べる遠藤(「マツコ・デラックスの500のコト」より)

いつも思うんですが、マツコさんが他の共演者と並んでテレビに映っていると、遠近感がおかしくなりません?わたしだけ?■

ドラえもん百科〈第1巻〉 (1979年) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん百科〈第1巻〉 (1979年) (てんとう虫コミックス)

週刊女装リターンズ「女の業」号
週刊女装リターンズ「女の業」号

|

« ろくむし(にむし)というボール遊び | トップページ | カフカの『審判』が訳が分からないという話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879705

この記事へのトラックバック一覧です: マツコ・デラックスとドラえもんの類似性:

« ろくむし(にむし)というボール遊び | トップページ | カフカの『審判』が訳が分からないという話 »