« ナノブロックでクリスマスツリー(未完成) | トップページ | お年寄りには席を譲ろう? »

2009年11月23日 (月)

殻付きアーモンド

殻付きの落花生や、殻付きのピスタチオナッツはよく見かけますが、この前、スーパーでから付きアーモンドなるものを見つけました。

「なんじゃ、こりゃぁっ!」ってことで、買ってみました。

から付焼きアーモンドのパッケージ
から付 焼きアーモンド
楽しみながら手で向いて食べてください
※ちょっと手が汚れます。

「※ちょっと手が汚れます。」ってのがなんか面白い。別にそんなに汚れませんでした。
味はすごくシンプル。原材料を見ると、アーモンドと食塩だけ。

通常のやつより香りが強いような気がします。

パッケージには特に説明はなかったので、検索してみると、「殻についたまま塩水に漬け込む事により、アーモンド本来の味が殻の中にぎゅっと詰ま」るんだそうです。ほんとかぁ?(←疑り深い)

殻付きのアーモンドって初めて食べたんですが、特に殻がむきにくいということはなかったです。たぶんピスタチオのほうが、よっぽどむきにくいです。なのになぜ、あんまり殻付きのアーモンドってないんでしょうね?

ちなみに、食べた後の殻はこんな感じ。

から付きアーモンドの殻
「から付 焼きアーモンド」の殻

下に敷いているチラシが生活感があっていいでしょ。

では、アーモンドトリビア。

風邪とかひいた時に腫れて痛くなる扁桃腺。この扁桃ってのはアーモンドのことだぜ。

あれ、知ってた?

じゃあ、次。

アーモンドの野生種ってのは毒があるんだぜ。しかも青酸系。食用になるためには、長い時間が必要なのであった。

このへんの話は、「銃・病原菌・鉄」って本で読みました。この本は、本気で面白かったなあ。

分かりやすくまとめた記事がありました。

7章:毒のないアーモンドの作り方 - 「銃、病原菌、鉄」読書感想文
http://d.hatena.ne.jp/tettediamond/20071129/1196383814

そうそう、思い出した。

種をばらまくってのは野生種にとってはプラスになっても、栽培種にとってはマイナスポイント。なので、種を落とさないという一見不利な遺伝子をもったものが、人間に選択され、繁栄するんですねえ。

発芽タイミングもそうですよね。野生の環境で生き残るためには、バラバラに発芽した方が安全(リスクヘッジできる)ですが、そんなんじゃ、栽培に向かないですもんね。

自然に向かない遺伝子を持った種が、人間に選択されるという事実は、指摘されればもっともですが、自分だけではなかなか思い至らないもんですよねえ。

まあ、アーモンドはうまいということで。

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎

|

« ナノブロックでクリスマスツリー(未完成) | トップページ | お年寄りには席を譲ろう? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879732

この記事へのトラックバック一覧です: 殻付きアーモンド:

« ナノブロックでクリスマスツリー(未完成) | トップページ | お年寄りには席を譲ろう? »