« カンガルーの休憩姿は本当におやじっぽかった | トップページ | WATER SELF SERVICE »

2009年12月19日 (土)

富士サファリパークはピクトグラムの宝庫だった

ほとんどの人にとっては興味のないであろう話です。

ピクトグラムに、そこはかとない魅力を感じます。

だいぶ前(2009年8月8日)の話ではありますが、富士サファリパークに行きまして、そこにはたくさんのピクトグラムがあったのです。

それぞれに、日本ピクトさん学会(下記リンク)での分類をつけてみました。

日本ピクトさん学会
http://www.pictosan.com/

「のぼらないでください」のピクトグラム
01_2
のぼらないでください
DON'T CLIMB

「のぼり系」ピクトさんでしょうか。

石垣を見ると登りたくなる人がいるのかもしれない。クレージークライマー。

「急坂注意」のピクトグラム
急坂注意
CAUTION
WALK, DON'T RUN

「転倒系」ピクトさんかな?

ピクトさんがウサギです。ちなみに坂道を歩いているのは人間ばかりでした。

命令形をたたみかけるあたり、「Run, Forrest! Run!」を思い出しました。

柵を越えるピクトグラム
柵を越えるピクトさん

たぶん「バッドマナー系」のピクトさん。

それにしても、越えたくなる高さの柵である。

「お子様を柵に乗せないでください」のピクトグラム
お子様を柵に乗せないでください
PLEASE, DON'T LIFT UP A CHILD ON THE FENCE

これも「バッドマナー系」でしょうか。

もちろん、大人を乗せるのもダメですよ。

扉に頭をぶつけるピクトグラム
CAUTION
扉に頭をぶつけるピクトさん

これは間違いなく、「頭打ち系」ですね。

カンガルーとふれあえるコーナーの入り口の檻(おり)だったかと思います。

どんだけぼんやりしていたら、こんな頭の打ち方をするのだろうか。

やっぱり、受難ピクトさんが面白いですねぇ。

ピクトさんの本
ピクトさんの本

|

« カンガルーの休憩姿は本当におやじっぽかった | トップページ | WATER SELF SERVICE »

ピクトグラム、ピクトさん、看板」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879752

この記事へのトラックバック一覧です: 富士サファリパークはピクトグラムの宝庫だった:

« カンガルーの休憩姿は本当におやじっぽかった | トップページ | WATER SELF SERVICE »