« 「アタック25」の10問目に注目して見てみよう | トップページ | ナノブロックで門松 »

2009年12月31日 (木)

Windows Media Playerのランダム再生を使って、一人で百人一首をやってみよう

百人一首や、かるた遊びをする場合、読み手が一人と、取り手が最低二人と、計三人必要になりますよね。二人しかいないけど百人一首をしたいとか、一人で練習したいという時には、Windows Media Player(以下 WMP)の、ランダム再生機能を使うと便利です。

百人一首を読み上げたCDが販売されているので、音声ファイルはこれを取り込んで使うとよいでしょう。家計に余裕がない人は図書館で借りてきましょう。こんなときのために、税金を払っているんだぞ、と思いながら。

川崎市立図書館には、1つだけありました。

川崎市立図書館に百人一首のCDがありました

BEST ONE 小倉百人一首
BEST ONE 小倉百人一首

家計に余裕がない我が家では、上記のCDを借りてきました。

取り込んでみると、一首ごとに一トラックに記録されているため、これをランダム再生すればよさそうです。

しかーしっ!ここで問題が。

CDの規格というのは、1つのCDの99トラックまでしか格納できません。しかも、百人一首には「空札(からふだ)」というものがあり、

このCDには空札用の短歌も収録されている
このCDには空札用の短歌も収録されている

事実上、101首の短歌を収める必要があります。このCDでは苦肉の策として、インデックスというものを使っていました。

このCDでは100首以上を収録するために、CD規格のINDEX機能を使っていた
このCDでは100首以上を収録するために、CD規格のINDEX機能を使っていた

  トラック1          空札
  トラック2~98   1首目~97首目
  トラック99      98首目~100首目(インデックスで3つに分割)

しかし、このCD規格のインデックス機能、

コンパクトディスク - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF

音楽用途の場合、デジタルのPCM形式で最大79分58秒、99トラックの音楽が記録できる。また、規格上、1トラック中には99インデックス(位置決め標識)を設けることができ、CD登場のごく初期においては、インデックスを扱うことのできるプレーヤーやディスクが存在したが、その後ほとんど普及することはなかった。

WMPのCD取り込みでも多分にもれず、トラック99の三首はくっついた状態でファイル化されてしまいました。

これを分割しなきゃいけませんな。めんどくさ。

普段、音楽の編集をやっている人にはお茶の子さいさい(死語?)かもしれませんが、そんなことはやらない人にはハードルが高いですね。

ただ、ファイルを分割する程度の作業なら、シンプルな編集ソフトでも可能です。

例えば、「Windows Media エンコーダ 9 シリーズ」をインストールすると、それに含まれている「Windows Media ファイル エディタ」という管理なツールでも十分です。

ダウンロードの詳細 : Windows Media エンコーダ 9 シリーズ
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=5691ba02-e496-465a-bba9-b2f1182cdf24&displaylang=ja

WindowsMediaファイルエディタの操作画面
「Windows Media ファイル エディタ」の操作画面

使い方は簡単で、

(1)切り出しの開始位置にカーソルを持っていき「開始マーク」ボタンを押す
(2)切り出しの終了位置にカーソルを持っていき「終了マーク」ボタンを押す
(3)メニューから 「ファイル」-「名前を付けて保存およびインデックスを作成」を選択

とやれば、トリミングした音声ファイルを保存できます。切り出し位置の指定は、カーソルの移動だけでなく、時間位置(HH:MM:SS:MSEC = 時:分:秒:ミリ秒)の数値を手入力しても指定できます。

音声ファイルを分割し、かるた取りで使う100首のファイルを作ったら、

WindowsMediaPlayerで再生リストを作成する

それを再生する再生リストを作って、

WindowsMediaPlayerでランダム再生をオンにする

ランダム再生をオンにして再生すればOK。

ちなみに、WMPでは「ランダム再生」という表記になっていますが、これは一般的には「シャッフル再生」と呼ばれているものらしいです。再生を開始すると一首を一回ずつ重複なく再生し、100首再生後に止まってくれますので、カルタ取りにちょうどいい仕様になっています。

一人で練習するって言う人はあんまりいないとは思いますが、みんなで遊ぶときにも、読み手をパソコンに任せてしまえるので楽ちんですよ。■

[2012年12月6日追記]
もっとお手軽に、YouTubeを使ったソリューション(?)です。
百人一首のランダム読み上げをYouTubeにやらせて、1人カルタ取り: 主張

百人一首 敷島(CD2枚組付)
百人一首 敷島(CD2枚組付)

|

« 「アタック25」の10問目に注目して見てみよう | トップページ | ナノブロックで門松 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60879770

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Media Playerのランダム再生を使って、一人で百人一首をやってみよう:

« 「アタック25」の10問目に注目して見てみよう | トップページ | ナノブロックで門松 »