« メルカゾールのデザイン変更(2010年版) | トップページ | 千原ジュニアのすべらない話の全文(地デジの字幕篇) »

2010年7月 4日 (日)

美味しんぼとパソコン通信

懐かしいなあと思いながら、図書館から借りてきた美味しんぼ16巻を読んでおりますと、時の流れを感じる一コマがありまして、

パソコン通信で究極のメニューの情報収集?(美味しんぼ16巻)
たとえば、NIFTYという通信サービスのメンバーになると、日本じゅうの人たちと食に関する情報を交換することができるんです!

この単行本の初版が発行されたのが1988年9月1日ですから、実に20年以上前に書かれたものなんですねえ。

吹き出しが縦書きゆえの間違いだと思うのですが、「NIFTY」が「N-FTY」になっているのは、ご愛嬌ということで。

ここで書かれている通信サービスっていうのは、ニフティサーブというパソコン通信サービスですよね。

ニフティサーブ - Wikipedia

ここまでインターネットが一般的になってしまうと、会員のみが接続するネットワークサービスがあったということが、なんだか想像できません。

その後、山岡さんはインターネットを使って、「『至高のメニュー』に対抗するため」の情報を集めたりしたんでしょうか。

そういえば、海原雄山と和解したんでしたっけ?その後、読んでなくって、どうなったか全然・・・。

美味しんぼ (16) (ビッグコミックス)
美味しんぼ (16) (ビッグコミックス)

|

« メルカゾールのデザイン変更(2010年版) | トップページ | 千原ジュニアのすべらない話の全文(地デジの字幕篇) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883179

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しんぼとパソコン通信:

« メルカゾールのデザイン変更(2010年版) | トップページ | 千原ジュニアのすべらない話の全文(地デジの字幕篇) »