« さっそく「ブログ記事読みました」風のコメントスパムが | トップページ | メルカゾールのデザイン変更(2010年版) »

2010年7月 3日 (土)

「すべらない話」の千原ジュニアの話 全文書き起こし

2010年6月26日放送の「人志松本のすべらない話」に関して、こんなことになっていたんですよね。

痛いニュース(ノ∀`) : 「人志松本のすべらない話」で千原ジュニアがした話が、レイプ未遂、傷害罪では?と批判殺到 - ライブドアブログ

で、私は番組を見て、確かにあまり品のある話ではなかったんですが、何でそんなに騒いでいるんだろうっていう印象だったんです。

まあ、人それぞれ、感じ方は違うだろうから、番組内容の動画でも見て判断すればいいように思うんですね。YouTubeにアップされた動画が貼りつけてあって、上記の掲示板が盛り上がっている時(6/27頃)はまだ見られたんだけど、案の定、しばらくすると削除されちゃっていました。

やっぱりフジテレビが削除依頼したんでしょうかね。

で、思うんですけど、こんな状況になった以上、削除しなかった方が良かったんじゃないかなあと。

後から、この件を知った人は、掲示板の書き込みを見て、番組内容を判断することになっちゃうでしょ。確認のしようがないから。そこに、「レイプ未遂、傷害罪では?」と書かれていたら、そんな話をしたんだろうなって思っちゃうでしょ。

動画は残して誰でも見られるようにして、あとは見て判断してくださいって状態にしておく方が、批判が変な方向にいかないためにはいいんじゃないかと思うんですけどね。

例えば、掲示板の最初のほうで、千原ジュニアがした話の要約を載せてくれた人がいるんですけど、ちょっと正確じゃないところもあるんですよね。

スーっと来て冷凍室を開けてガチガチの鶏肉を
「これいらんからもう捨てんねん」と帰ろうとハイヒールを履いた女性の足にガーン!

これだと、足にぶつけたっていうように思えちゃいますけど、実際は床に投げつけたという話でした。

ということで、動画が削除されてしまったので、見ていない人のために、録画したものを見ながらなるだけ忠実に書き起こしてみました。語尾など聞き取りづらかった箇所もあるので、多少の間違いはご勘弁。

【批判を浴びている千原ジュニアの「すべらない話」話 全文書き起こし】
-----------------------------------------------
あのー、あのですね、これもう十数年前の話です。だから、ま、もう、これ、もう時効みたいなことですけど、(松本:「時効?」)
もう十数年前ですけど、我らが木村祐一兄さんとご飯食べて、ほんなら、まあ、十数年前ですよ、女性もおられたんですよ、ほんで、まあ、ええ感じになって、

お互い大人ですから、当時キム兄が住んでた、あの、1人暮らししてたマンションに、ちょっと一緒に行こうと、夜も更けてるんですよ、大人ですから、まあそれはそうなるでしょということで、行ったんです、ね、マンションに、

ほんで、あの、部屋に入りはって、なんかこう、ごそごそごそごそーって、ほんで、ばーっと女性が出てきて、「私はそんなつもりで来たんじゃない」と、夜中も1時2時ですよ、そんなつもりじゃない言われたって、いやいや、それ以外何があるんですか、お互い大人で、

これはキム兄キレてるぞと、ばっと見てみたら、鬼通り越して、素の顔してるんですよ。(顔真似をしてみせる)

ほんで、「帰れ!」とか「出ていけ!」とかいうことで、声荒げて終わんのんやろな思ったら、すーと来て、なぜか冷蔵庫の上、冷凍室を開け、(松本:「冷凍室?」)、冷凍室をパッて開けたんですよ。え?何すんのやろと思ったら、「これなあ」って、カッチカチの鶏肉を「これなあいらん鶏肉やから、俺は今からこれを捨てんねん」って言って(鶏肉を手に持っているジェスチャー)、今もう帰ろうとしている、ハイヒールを履こうとしている女の子の足元にコーンっと。(投げるジェスチャ)

すべらない話で木村祐一の話をする千原ジュニア「足元にコーンっと」
「足元にコーンっと」

(芸人さんたちが笑っている様子)

ほんなら、玄関を鶏肉がココココココココーンって。(鶏肉が床をすべりながら、跳ね返っているジェスチャー)

すべらない話で木村祐一の話をする千原ジュニア「玄関を鶏肉がココココココココーンって」
「玄関を鶏肉がココココココココーンって」

もう、女の子あせってもうてハイヒールがなっかなか入んないんですよ。(ハイヒールを履こうとしているジェスチャー)

「これなあ、いらん鶏肉やから捨ててるだけやで」、ココココココココーン。(鶏肉が床をすべっているジェスチャー)

ずっとその鶏肉を、「いらん鶏肉を俺は捨ててるだけやから」(投げるジェスチャー)、ココココココココーン。(鶏肉が床をすべっているジェスチャー)

やっとなんとかハイヒール履いて、女の子ばーって出て、エレベータ押してるけど、キム兄もちろん外 出てって、(ドアを開けるジェスチャー)「俺はいらん鶏肉捨ててるだけ」(鶏肉を顔の高さくらいに持って揺らしているジェスチャー)、コーン。(投げるジェスチャー)

エレベータの前を待っている女の子の足元にコーン。ガッチガチの鶏肉が。(鶏肉が床をすべっているジェスチャー)

全然エレベータ来ないんですよ。ほんで女の子、階段あったから、横に。階段カカカカーンって走っているなか、「いらん鶏肉を捨ててるだけやでー」(投げるジェスチャー)、カカカカーン。

鶏肉がハイヒールを追いかけるって言う。

(笑っている会場の様子)

朝方見たら、えらいもんで、ちょっと解凍されてました。
-----------------------------------------------

んー、でもやっぱり、VTRを見るのと、書き起こした字面を見るのとでは印象が違うなあ。

今回まずかった点の一つは、千原ジュニアのしたのが、他の人(木村祐一)の話というところですよね。自分が不在の場所でされた話で、悪者になっちゃってるという。

そして、二つ目は、そのエピソードをうまく笑いにできなかったというところですよね。

思うようにいかずに無様なところを見せる木村祐一という絵を笑いにしようとしたのでしょうが、凍った鶏肉のインパクトとか、木村祐一の悪人顔とかがあいまって、ちょっと笑えない感じなんですよね。引いちゃうというか。

話を聞く限り、玄関先で3回、エレベータ前で1回、階段で1回投げつけているような話になっています。ここまで執拗にやられたら、普通の感覚では恐怖を覚えてしまう。

投げたのが大豆とかだったらよかったのに。鬼顔の方が豆投げたとか言うて。

書き起こしで伝わらないなと思ったのが会場の雰囲気。

マンガ家のいしかわじゅん氏が、この件に関して、HPで怒っているっていう話があって、HPを見てみると、

いしかわじゅんHP

女はエレベーターに乗って逃げようとしたが、
木村兄はそれに向かってまた凍った肉を投げる。
女は階段で逃げようとして、木村兄はまた凍った肉を階段に投げつける。
千原ジュニアは大笑いだ。
参加メンバーも大笑いだ。
これは、笑う話なのか。
犯罪じゃないのか。
こんなことをしたやつも、こんな話をするやつも、笑って聞いているやつも、
クズだと思う。

笑って聞いている芸人(会場も?)含めて、非難の対象になっていますが、

参加メンバーも大笑いだ。

っていうほど、うけてなかったですよ。むしろすべっている空気がありました。

そら、表面上は笑っていましたよ。でも、最近のすべらない話はどんなにつまらない話をしても、周りの人は積極的に笑ってあげて、「今の話面白かったよ。なあ、みんな、面白かったよなあ」って雰囲気になってますんで。

心から笑っているかそうでないかくらいは見抜けんとねえ。

あと、芸人がする話を全部実話だと思っちゃダメですよ。どれだけピュアですか。

でも、フジテレビのサイトによると

すべらない話の番組内容(フジテレビHPより)
【番組内容】
誰でも一つは、すべらない話をもっているものである。
そしてそれは誰が聞いても、何度聞いても面白いものである。
松本人志をはじめとする精鋭たちが、プレーヤーの名前が書かれたサイコロを振り出た目のプレーヤーが持ち前の話を披露する事だけでお送りするというとてもシンプルな番組。もちろんすべてのお話は実話である。

こらこら。■

[2010年7月4日追記]
地デジには字幕のデータ放送があるってことを思い出し、あっさり吸い出しできたという話。

千原ジュニアのすべらない話の全文(地デジの字幕篇)

楽ちんでした。■

強姦の歴史
強姦の歴史

|

« さっそく「ブログ記事読みました」風のコメントスパムが | トップページ | メルカゾールのデザイン変更(2010年版) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

動画が見れなくて残念だったのですが、こちらでようやく納得いきました。
ありがとうございました。
私自身、放送や動画を見たわけではないのでわからないこと多いですが、そこまでクズ呼ばわりされることではないんじゃないかしらん?人の意見はそれぞれなんでしかたないとは思いますが。
なんだか芸人さんは大変ですね。
受け取り手ももっと理解力や人を見る目を学んでほしいとも思いますけどね。

投稿: あう | 2011年3月16日 (水) 14時54分

コメントありがとうございます。

芸人さんの話なんて、誇張や脚色があるってことくらい、直感的に分かるもんだと思ってたんですけど、いしかわじゅん氏はすごく素直に受け止めたのでしょうねえ。

一般人の感覚で、もしこんなことに巻き込まれたら・・・っていう心境なんでしょうけど、そもそも住む世界の違う人たちだっていう理解も大事ですよね。

芸能人なんていうのはそもそも普通の人じゃないんですから。だからこそ一般人を楽しませることができるんですけどねえ。

投稿: 管理人 | 2011年3月19日 (土) 04時50分

【 高畑裕太事件の裏に芸能界の体質? 千原ジュニアがキム兄と女性連れ込み暴行の過去 】

各局ワイドショーは、連日のように報道し芸能人たちも、この事件を深刻そうに語っている。
千原ジュニアもそのひとりだ。高畑容疑者の環境が激変したとしてこう語った。
「道を歩いていても、“ファンです”とか“握手して、サインして”とか、環境が変わった中で、どこかで“俺やで”っていうのがあったんじゃないか」
だが、彼のこの解説を聞きながら、頭をよぎったのは「それ、お前が言うか」というツッコミだった。
というのも、彼は女性を暴行しようとした事件の現場に“共犯者”として同席していた過去があるからだ。
6年前の2010年6月26日に放送された『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)でのことだった。
番組に登場した千原ジュニアは先輩芸人の木村祐一とある女性と、3人で食事をしたエピソードを語りだした。

記事:http://lite-ra.com/2016/08/post-2524.html
動画:https://www.youtube.com/watch?v=fnIh6NgBpkE

投稿: | 2016年8月26日 (金) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883177

この記事へのトラックバック一覧です: 「すべらない話」の千原ジュニアの話 全文書き起こし:

« さっそく「ブログ記事読みました」風のコメントスパムが | トップページ | メルカゾールのデザイン変更(2010年版) »