« 「絶滅速度 1年に4万種」のウソ | トップページ | こたつユニットの交換に挑戦・・・そして、断念 »

2010年10月30日 (土)

台風の日の都庁展望台室

今まさに(夜)、台風14号が関東地方に近づいているところですが、なんの因果か、今日の昼すぎ、新宿の東京都庁の展望スペースに行ってきました。

台風が最接近するのは夜だという話でしたが、朝から、風も雨も強かったですからね。

こんな感じでした。じゃん。

台風の日の都庁展望室の窓

何も見えねぇ。(北島康介風に)

何の写真か分かりにくいと思いますが、正面の真っ白なのが窓です。

一面、白、白、白。白組がんばれ。(紅白歌合戦風に)

基本何も見えないからでしょうか、

台風の日の都庁展望室

誰もいねぇ。

っていうのは大げさですが、やっぱり人は少なかったです。

中央の、カフェスペースでくつろいでいる人はちょっといましたが、でも窓の周辺はほとんど人はおらず。理由はもちろん、何も見えないから。

窓から見えているのはこの建物(都庁)自身

「お、何か見えた」と思ったら、都庁自身でした。

まあ、地上と、すぐ隣のビルくらいは見えたんですけどね。

下に降りて、見上げたらこんな感じでした。

都庁の展望室は雲の中

やっぱり、晴れた日に行きましょうね。

みんなが知りたい超高層ビルの秘密 クレーンは完成した建物からどう降ろす?どうして大きな地震がきても倒れないの? (サイエンス・アイ新書)
みんなが知りたい超高層ビルの秘密 クレーンは完成した建物からどう降ろす?どうして大きな地震がきても倒れないの? (サイエンス・アイ新書)

|

« 「絶滅速度 1年に4万種」のウソ | トップページ | こたつユニットの交換に挑戦・・・そして、断念 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883299

この記事へのトラックバック一覧です: 台風の日の都庁展望台室:

« 「絶滅速度 1年に4万種」のウソ | トップページ | こたつユニットの交換に挑戦・・・そして、断念 »