« あなたのコメントを削除した理由 | トップページ | 有名人の寄付って難しいよね »

2010年12月10日 (金)

笑いのツボ 孔子平和賞

状況が深刻であるほど、そして、当事者が真面目であるほど、自体がこんがらがった時の喜劇度が上昇するという好例。

ノーベル平和賞に対抗 “茶番劇”孔子平和賞に失笑

【北京=川越一】中国の民主活動家、劉暁波氏に対するノーベル平和賞授賞に対抗して、急(きゅう)遽(きょ)設立された「孔子平和賞」の授賞式が9日、北京市内で行われた。

中国が「平和賞」を作る時点で、顔がほころんでしまいますが、それだけじゃないよ。

「(劉暁波の)3文字とは関係ない」と主張しつつも、パンフレットでノーベル平和賞を批判。

「ノーベル平和賞は世界中の人々に開放され、少数派の推薦で決めてはならない。同賞は多数派とは言い難く、不公平さ、誤謬は免れない」

ということは、孔子平和賞は「世界中の人々に開放され」ているってこと?

インターネットを通じた投票に基づいて選出したといいながら、サイト名や調査期間の公表を拒否。

うむ。中国らしさがあって良いと思います。

そして、栄えある初代の受賞者は、台湾の連戦 中国国民党名誉主席。そして、受賞拒否。

台湾メディアが連戦氏の受賞拒否についてただすと、「拒絶などできない…」としどろもどろに。

なんだよ、きっぱり言えよ、と思ったら。

同氏に正式に通知すらしていないことも明らかになり、

ははは。

最後は無関係の少女にトロフィーを渡してお茶を濁した。

コントかよ。ここでばっちり落ちがついて、CMに行けますね。

そして、少女の表情が良かった。

孔子平和賞のトロフィーを渡された無関係の少女
「ノーベル平和賞に対抗 “茶番劇”孔子平和賞に失笑」のフォトスライドショー:イザ!

おじさん二人の笑顔に比べて、険しすぎる・・・

中国はなぜ「軍拡」「膨張」「恫喝」をやめないのか―その侵略的構造を解明する
中国はなぜ「軍拡」「膨張」「恫喝」をやめないのか―その侵略的構造を解明する

|

« あなたのコメントを削除した理由 | トップページ | 有名人の寄付って難しいよね »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883351

この記事へのトラックバック一覧です: 笑いのツボ 孔子平和賞:

« あなたのコメントを削除した理由 | トップページ | 有名人の寄付って難しいよね »