« わが家が計画停電の対象にならないワケ | トップページ | 東京メトロが「無駄な節電」をしています »

2011年3月28日 (月)

菅首相が引きこもりから復帰?

産経新聞のこの記事のタイトルには笑いました。

「引きこもり」首相限界 震災後2週間ぶら下がり取材を拒否

あんまり表に出てこない状態が続いていた菅さん(久々に3月25日にメッセージを発表した)を「引きこもり」に例えるなんて。

ほんとにあまり見かけなかったですよね。たまに出てきたと思ったら、余計なこと言うし。

痛いニュース(ノ∀`) : 菅首相 「これを機に地震前よりももっと、多くの犠牲者の上で、素晴らしい日本ができたと将来、ご報告ができるように」 - ライブドアブログ

こらこら、まだ将来の話をする時じゃないぞ。

前述の産経の記事には、最近のダメダメぶりがまとめられています。

そもそも12日の東京電力福島第1原子力発電所の視察が事態収拾に役立ったとは誰も思っていない。

21日の被災地視察は悪天候で断念したが、この時は官邸スタッフも「首相が行っても誰もありがたいとは思わない」と漏らした。警備などで手をわずらわせるだけだからだ。

すごい嫌がられぶり。

ところが、首相は13日の「国民へのメッセージ」では涙ぐみながら「果たしてこの危機を私たち日本人が乗り越えていくことができるかどうか」と不安を助長させた。

あーあ。

それでいて陰で現場にあれこれと口出しし「東電のばか野郎が!」などと怒鳴り散らす。

あげく来客に「東日本がつぶれることも想定しなければならない」と不用意に語り、風評被害を広めてしまった。

さては、わざとやっているな。

こんな菅さん、「ある政府関係者」にボロクソに言われています。

ある政府関係者は、最高指揮官の類型として(1)有能有為(2)無能無為(3)有能無為(4)無能有為-の4パターンを挙げ、こう言い切った。

 「首相がどれに当てはまるかもう分かるだろう。無能なのに、できもしないことをやろうとする無能有為型だよ…」

わが国の首相は、無能有為型か・・・・・(遠い目)

だとしたら、引きこもってもらった方が、日本のためにもなるかも。どうせ、一段落ついたら辞めることになるんだし。本人もそれに気付いて、やる気をなくしているのかも。

でも、辞める前に、菅さんにぜひやって欲しいことがあるんですよ。

↓これ!
かいわれ大根を食べる菅さん1
かいわれ大根を食べる菅さん2
かいわれ大根を食べる菅さん3
かいわれ大根を食べる菅さん

せめて日本を「笑い」で元気づけてください!

菅直人 総理の野望
菅直人 総理の野望

|

« わが家が計画停電の対象にならないワケ | トップページ | 東京メトロが「無駄な節電」をしています »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883639

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相が引きこもりから復帰?:

« わが家が計画停電の対象にならないワケ | トップページ | 東京メトロが「無駄な節電」をしています »