« 「菅 有能」「菅 無能」がグーグル急上昇ワードなワケ | トップページ | 東京電力は原発だけをやっているわけじゃないんだから »

2011年4月17日 (日)

わざと負ける相撲のACのCMは微妙なタイミングだなあ

最近、ACのCMがいろいろと話題になっていたので、ACジャパンのサイトを見ていたんですが、世の中にはタイミング悪くなってしまったなあ、ってのがあるなあと思った話。

「思いやりも、日本の国技に。」というCMのタイトルで、島根県 隠岐の島で行われている伝統的な相撲が紹介されているものです。

勝ちを譲って、必ず一勝一敗で終わるという点を、「思いやり」のルールとしているみたいなんですが、大相撲八百長問題が話題になっているこの時期だと、なんだ微妙な感じになってしまいそう。

ACのサイトに載っている、CMの説明によると、

島根県 隠岐の島に伝わる「隠岐古典相撲」には珍しいルールがあります。どの取組も同じ力士が二番連続で戦い、先に勝った力士は、次は相手に勝ちを譲る。必ず引き分けで終わることで、しこりを残さず、島民同士が仲良く暮らすための「思いやり」のルールです。

なるほど、一戦目は本気で、二戦目で帳尻合わせという感じなんですね。

なので、某大相撲とは全然訳が違います。

それに、神事として行われているものと、スポーツ的に変化したものとは、事情が違いますからね。

それにしても、このテレビCMだと、省略しすぎていて、意味が伝わらなそう。

YouTubeのコメントにも

「相撲なのにわざと負けて、思いやりって意味わからん 何がいいたいん?」

って書いている人がいて、あぁ伝わっていないんだなあ、と。

ACのサイトには30秒バージョンが置いてあって、こっちなら伝わるかも。でも、やっぱり説明書きまで読まないと分かりにくいよなあ。

「二番連続で戦い、先に勝った力士は、次は相手に勝ちを譲る」

って部分を、CMの中でも言うべきかなあと。

金子みすゞ童謡集 (ハルキ文庫)
金子みすゞ童謡集 (ハルキ文庫)

|

« 「菅 有能」「菅 無能」がグーグル急上昇ワードなワケ | トップページ | 東京電力は原発だけをやっているわけじゃないんだから »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883654

この記事へのトラックバック一覧です: わざと負ける相撲のACのCMは微妙なタイミングだなあ:

« 「菅 有能」「菅 無能」がグーグル急上昇ワードなワケ | トップページ | 東京電力は原発だけをやっているわけじゃないんだから »