« エロ川柳の集大成「誹風末摘花」をタモリ倶楽部で紹介 | トップページ | エロ川柳と立川談志 »

2011年7月 8日 (金)

節電対策で分かる、誠意のある鉄道会社と、そうでない鉄道会社

↓このニュース

早朝増発、昼間は減便 節電ダイヤ:イザ!

政府の電力使用制限に対応し、都内の鉄道各社は7月1日から節電ダイヤによる運行を実施する。電力需要が集中する昼間の運行本数を減らす一方、企業のサマータイム導入の動きに合わせ、早朝時間帯を増発するなどの対応をとる。

主に、JR東日本、東京メトロ、都営地下鉄、東急電鉄、京王電鉄、小田急電鉄の6社の節電ダイヤについて紹介している記事なのですが、この6社、全然違う2タイプに分けられると思います。

  (A)ただ昼間の本数を減らしただけ
  (B)始発の繰り上げ、早朝の増発など、負担のある対策も行っている

昼間の本数減らすとか、エアコン弱めるとか、基本的に損しないですからね。不便を被るのは乗客だし。それに、政府から義務付けられているし、やって当たり前。

それだけでは良しとせずに、電力に余裕があれば、混雑が予想される時間帯に増発をし、乗客の利便性を高める努力も忘れない。うん、この違いは大きい。

結果はこうなりました。

(A)の残念な鉄道会社は、
  ・JR東日本
  ・東京メトロ
  ・都営地下鉄

(B)の誠意のある鉄道会社は、
  ・東急電鉄
  ・京王電鉄
  ・小田急電鉄

JR東と言えば、↓こんなこともあったし、まあ期待はしてないです。

震災時に乗客を駅から追い出したJR東日本は、本当に反省しているのか?

非常時にこそ、人間性が現れるという好例ですね。今後も、国鉄イズムでやっていきゃ、いいんじゃないでしょうか。

あと、メトロも、↓こういうところがあるんで、不思議じゃないです。

メトロ経営陣に哲学と感性が欠如している
報道陣を退ける姿勢、無味乾燥な事業報告に問題あり

なんだか、(A)には公営色の強いところが固まっているような・・・

関東私鉄比較探見 (キャンブックス)
関東私鉄比較探見 (キャンブックス)

|

« エロ川柳の集大成「誹風末摘花」をタモリ倶楽部で紹介 | トップページ | エロ川柳と立川談志 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883720

この記事へのトラックバック一覧です: 節電対策で分かる、誠意のある鉄道会社と、そうでない鉄道会社:

« エロ川柳の集大成「誹風末摘花」をタモリ倶楽部で紹介 | トップページ | エロ川柳と立川談志 »