« 本搾りチューハイの缶のエンボス加工がなくなった | トップページ | NHKならではの贅沢さ「松本人志のコント」(MHK) »

2011年11月 5日 (土)

尻手黒川道路が走りにくい

私が住んでいる川崎市北西部から、南東部(中原区、幸区、川崎区)に向かう際には、尻手黒川道路という幹線道路が便利です。

が、どうもいまいち好きになれない、というか走りにくいんですよね。

中原区に車で行く機会があったので、途中までですが、ダッシュボードにビデオカメラを載せて撮影してみました。

んー、やっぱり走りにくい。すごく渋滞しているというわけではなかったのですが、それなりの交通量がある中、車線の増減が多く、路上駐車もけっこうあり、運転に慣れていないと、きっと難関です。

向ヶ丘自動車学校の教習車が走っていたりしますが、きっとドキドキなんじゃないでしょうか。

流れをざっと書くと、

【往路】片平2丁目→野川
  ・「片平2丁目」から1車線でスタート
  ・「ヨネッティー前」過ぎ、2車線に
  ・「北部市場北門前」過ぎ、右車線なくなる
  ・「清水台」過ぎ、また2車線に
  ・その後、「野川」まで2車線

【復路】野川→片平2丁目
  ・「野川」から2車線でスタート
  ・「上野川」過ぎ、左車線がなくなる
  ・その後、すぐ右折レーンが現れ
  ・そこを過ぎると、また2車線に
  ・JR梶ヶ谷貨物のトンネル手前で左車線なくなる
  ・「馬絹」過ぎ、2車線に
  ・「潮見台」過ぎ、右車線なくなる
  ・その後、「片平2丁目」まで1車線

復路が特に変化が激しいですね。運転慣れしている人は平気かもしれませんが、そうじゃない人は、右がなくなったり、左がなくなったり、2車線のところでも路駐があったり、右折レーンがないところで右折車をよけたりと、けっこう忙しくて大変だと思います。

全部2車線にして、右折レーンも作る、とかはすぐにはできないと思いますが、せめて路駐をしっかり取り締まって排除するだけでも、かなり走りやすくなるのではないかと思います。

慢性的にトラックが路駐している地帯なんか見かけると、税金で駐車スペース作ってるわけじゃないぞ!って思っちゃうんですが・・・

ウォーカームック 川崎市Walker2011ー2012年版 61803‐45 (ウォーカームック 243)
ウォーカームック  川崎市Walker2011ー2012年版  61803‐45 (ウォーカームック 243)

|

« 本搾りチューハイの缶のエンボス加工がなくなった | トップページ | NHKならではの贅沢さ「松本人志のコント」(MHK) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
東名の入口が近いですしドライブに行ってみたい、と思って、もう何年もたっています。東名も大変そうですが、東名までの尻手黒川の方が、ペーパーなワタシにはハイレベルのようです。

エントリー、楽しく読ませていただいています。

投稿: ナカジ | 2012年2月 5日 (日) 08時33分

コメントありがとうございます。

そうですね、東名みたいな高速道路の方がよっぽど走りやすいですね。道幅は広いし、合流や分岐は余裕をもって標識がちゃんとあるし、それに路駐もないし。

尻手黒川くらいの、ちょっと大きめの道で、路駐があったり、右折レーンがなかったりって道路は、ほんとに気を使います。

私は慣れない道で心配な場合は、車線の増減を事前にチェックしたりもしますけどね。Google Mapの航空写真やストリートビューで見ると、左右のどちらの車線がなくなるかが分かる場合が多いので。

で、多少混んでいても「なくならない方の車線」をずっと走る弱気運転をするという・・・

投稿: 管理人 | 2012年2月 7日 (火) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883822

この記事へのトラックバック一覧です: 尻手黒川道路が走りにくい:

« 本搾りチューハイの缶のエンボス加工がなくなった | トップページ | NHKならではの贅沢さ「松本人志のコント」(MHK) »