« コネタマが2012年1月31日で終了 | トップページ | 本当のビーフシチュー »

2011年11月15日 (火)

ちぐはぐな東京都の屋外広告規制条例

東京の街中を歩いておりますと、荷台一面に広告をほどこしたトラックをたまにみかけますよね。

↓こんなやつ

自民党のアドトラック
File:Ad truck of LDP JP 2007.jpg - Wikimedia Commons

上の例(なぜ自民党?)はちょっと特殊ですが、よく見かけるのは、新曲のプロモーションだったり、パチンコの新台だったり、ケータイゲームの広告だったり、でしょうか。

で、あれって、2011年10月1日から東京都の条例で規制されることになったって知ってました?

ただ、以前に登録した車両は例外とのことで、効果があまり出ていないとのこと。

改正前の登録は対象外 “抜け道”走る広告トラック:イザ!

街の景観を損なうとして、東京都は条例を改正して、10月1日からアドトラックの規制に乗り出している。しかし、以前に登録した車両には規制が及ばないことなどから、目立った効果は出ていない。

本気で規制する気があるなら、「以前に登録した車両」も対象にすればいいじゃないかと。車両なんかちゃんと整備していれば、10年も20年も走らせられますからね。広告は張り替えるだけだから、新規に登録しなくても、既存の登録済み車両だけで、十分な量のアドトラックが存在するんじゃないですかね。

微々たる減少を見守りながら、現役車両がすべて廃車になるのを待つ気でしょうか。気の長い話で。

で、この件で私が憤りを感じるのは、「景観損ね度」ではより低く、かつ、渋滞を要因にもなりえないドラえもん電車を、「これはラッピング広告だ。条例違反だ」と指摘し、即座にやめさせておいて↓

ドラえもん電車が条例違反で中止

その一方でアドトラックに関しては、いつ完了するか分からないような、ゆるーい規制での取り締まり。

アドトラックの是非はともかく、ダブルスタンダードだけはやめてほしいと思うんですよ。

登録時じゃないないとうまく取り締まれないってのもあるのかもしれませんが、「条例違反」という状態にしておくのが重要で、何も法を犯してまで広告なんかうたないって人が多いと思いますよ。

↓下記は産経新聞のサイトの画像からの切り抜きですが、

黒夢のアドトラック 三代目J Soul Brothersのアドトラック
黒夢と三代目J Soul Brothersのアドトラック

きっと、「黒夢」さんも、「三代目J Soul Brothers」さんも、そんなイメージダウンにもつながりかねないようなことはやめると思いますよ。

どちらが社会的に問題だと思われるか、自分の頭でちゃんと考えて、問題の大きい方をきちんと取り締まれるような法体制を作って、行政を行うべきだと思うんですけどね。

都市のデザイン―“きわだつ”から“おさまる”へ
都市のデザイン―“きわだつ”から“おさまる”へ

|

« コネタマが2012年1月31日で終了 | トップページ | 本当のビーフシチュー »

ニュース」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883834

この記事へのトラックバック一覧です: ちぐはぐな東京都の屋外広告規制条例:

« コネタマが2012年1月31日で終了 | トップページ | 本当のビーフシチュー »