« THE MANZAIのチキチキジョニーと長澤まさみのCM | トップページ | 「あたらしいみかんのむきかた」が難しすぎるあなたへ »

2011年12月23日 (金)

「乳と卵」と「グランド・フィナーレ」

企画的読書のコーナーです。

じゃん。

芥川賞受賞作「乳と卵」「グランド・フィナーレ」

この2冊。はい、お察しの通り、↓このお二人の芥川賞受賞作でございます。

芥川賞作家同士が結婚 川上未映子さんと阿部和重さん:イザ!

どちらも面白かったです。(←伝える力の欠如)

どうも本をお勧めするのには躊躇があって、結局、好みだもんなあって思っちゃう。アマゾンの評価の「星5つ」と「星1つ」を読んでいると、そう思うよなあ。

ある作家さんの複数の作品をけなしたあげく、一つも最後までは読んでいない、って書いてた人がいたなあ。なんだか、すごいなあ。

自信満々な人にはあこがれる。「ちゃんと読んでませんけど、何か?」

で、「乳と卵」のあの文体が、性に合わないって人の気持ちは分からなくもないんだけど、「だからダメ」って、そこに直結させられるその純粋さにも脱帽します。

というのも、私は全然気にならなかったんですよね。レビューみると、関西弁や、会話の多さ、区切りのなさをネガティブにとっているいる人がけっこういて、それを見て、そんなんだったっけ?って本を見返してみると、そういやそうだなと。

私にはスッとと入ってきたから、全然気にしてなかったポイントなんですよね。関西弁の口語が活字になったものに抵抗がない点に関しては、幼少の頃、「じゃりン子チエ」を愛読していたのが、影響しているのかも。

あの文体や会話の内容やテーマを、幼稚とか稚拙とか表現している人も多いみたいだけど、そうなのかなあ。

人々の会話や思考の流れってそんなもんでしょう。豊胸なんて、ある人にとってはくだらな過ぎる事柄で、でも、ある人にとっては死活問題で、っていう、そんなレベルで展開される物語に、何か感じないのかなあと。

「感じない」と言われればそうかもしれないし、もしかしたら、そこには何もないのかもしれんけど、何も感じなかったという自分の経験を根拠に、何もないって断言するのには、かなり勇気がいるけどね。自分は目明きなのか?って。

読んだ本から得るものが何もなかった、なんてことがほとんどない毎日なんですよねえ。

乳と卵(らん) (文春文庫)
乳と卵(らん) (文春文庫)

グランド・フィナーレ (講談社文庫)
グランド・フィナーレ (講談社文庫)

|

« THE MANZAIのチキチキジョニーと長澤まさみのCM | トップページ | 「あたらしいみかんのむきかた」が難しすぎるあなたへ »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883859

この記事へのトラックバック一覧です: 「乳と卵」と「グランド・フィナーレ」:

« THE MANZAIのチキチキジョニーと長澤まさみのCM | トップページ | 「あたらしいみかんのむきかた」が難しすぎるあなたへ »