« バナナマン日村のクエスチョンマークの使い方 | トップページ | ビートたけしの落語「野ざらし」(全文書き起こし) »

2011年12月30日 (金)

THE MANZAIのカメラ切り替えが不快すぎる

2011年12月24日放送の新・週刊フジテレビ批評で、「THE MANZAI」(2011年12月17日放送)について、視聴者からこんな意見が。

THE MANZAIへ視聴者の苦情
・視聴者も漫才を観るためにテレビをつけている
・漫才の途中にお客さんを映すのは控えてほしい
・芸人さんに対して失礼にあたると思う

そういえば、ネタ中にちょいちょいカメラ切り替えがあったのは、私も気になっていたんですよね。

お客さんのショットもあったけど、むしろ、観覧ゲスト(?)って言うんでしょうか、全く関係ない有名人が客席で見てるという、あれが多かったように思います。

あれ何なんでしょうね。人志松本のすべらない話とか見てても、ああいうのいらないよなあって思います。「巨泉のこんなモノいらない」で取り上げてほしいくらい。

で、以下にカメラ割りがいかにひどかったかのエビデンスを示すべく、カメラ切り替えのたびにキャプチャしたものを並べてみました。

左上から横方向、Zの順に見てくださいね。つまり、

登場 → 上半身ショット → ゲスト? → 上半身ショット
→ ゲスト? → 全身ショット → 上半身ショット → ・・・

という順番になっています。

ナイツの漫才でのカメラ割り1「THE MANZAI」より
ナイツの漫才でのカメラ割り2「THE MANZAI」より
THE MANZAI ナイツのネタでのカット割り

上記は、ナイツの1回目のネタの部分だけです。一つのネタの間に、こんなにも関係ないショットを混ぜていたという。数えてみたら、14回もありました。

よく知りませんが、ああいうカメラ切り替えって、ディレクターとかっていう人がやるんでしょうか?

だまって映していればいいものを、カチャカチャ切り替えて、ど素人がビデオカメラ買って、はしゃいじゃって、ズーム多用して、ひどい映像になっちゃってる、みたいな状況に似てますね。

録画した番組を見直して勉強した方がいいですね。もし、あれでいいと思えるなら、たぶん適性がありません。

すごく邪魔なんですよ、有名人の笑いのリアクションが映ったりすると。ビートたけしは笑っているのかなとか、意外とウケてないなとか、気が散っちゃう。ナイナイは爆笑しているように見えるけど、目は笑ってないな、とか。

自身が出演しているんですから、番組中にネタ見て、心から笑えるわけないじゃないですか。テレビにどう映るかってのを意識しながら、進行とか、ネタ後のコメントとか、いろんなこと考えながら、加減しながらのリアクションです。そんなの見せられたって、笑いの妨げにしかならん。

芸人もネタもいまいちで、客のリアクションでも見せなきゃ、間が持たないっていうくらいのしょぼい芸なら、そういう演出もあり得ると思いますよ。でも、そうじゃないでしょ?
「THE MANZAI」は。

ネタの最初から最後まで、1台のカメラで映しっぱなしでも、問題ない。というか、むしろそちらの方が、純粋に漫才を楽しめるはず。

来年は改善してね。

ナイツ独演会 其の二 [DVD]
ナイツ独演会 其の二 [DVD]

|

« バナナマン日村のクエスチョンマークの使い方 | トップページ | ビートたけしの落語「野ざらし」(全文書き起こし) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60883868

この記事へのトラックバック一覧です: THE MANZAIのカメラ切り替えが不快すぎる:

« バナナマン日村のクエスチョンマークの使い方 | トップページ | ビートたけしの落語「野ざらし」(全文書き起こし) »