« ギンガムチェックとは | トップページ | トヨタの新スライド2BOX(ポルテ、ラウムの後継)のティーザー広告 »

2012年7月15日 (日)

おまいらの勝利! 「芸能BANG」終了のお知らせ

情弱を騙すのはたやすい。これは真理。

そして、これを実践したのは日テレ↓

「オセロ中島騒動の占い師がスタジオに!」の不祥事については、「あなたと日テレ」に注目しよう

放送されたのは2012年5月4日です。時系列で追ってみます。

そして、当然のごとく苦情が殺到し、日テレが謝罪することに↓

5月30日 中島さんの「占い師スタジオ登場」とウソのテロップ 日テレが謝罪

ちなみに、記事をよく読んでみると、編成局長はまともに謝っていない。

日本テレビ 編成局長 小杉善信氏: 誤解を与えたとするなら、たださなくてはいけない

「誤解を与えたとするなら」だぁ? なんでこんな但し書きが必要なんだろう。「誤解を与える表現でした、申し訳ありません」でいいじゃないか。謝る気ゼロ。

「あれぇ? 怒ったのぉ? だったら謝るけどさあ」みたいな。

総合広報部は謝ったそうだけど、よく読んでみると、

日本テレビ総合広報部によると、今月7日から19日にかけ、公式サイト内のページで「一部誤解を招きかねない表現があったことをお詫びいたします」と謝罪したという。同ページは現在は見ることができない。

「すでに謝りました。そのページはもう見られないけどね」みたいな感じでしょうか。

そして、そんな感じで鎮火するわけもなく、社長が謝る事態に↓

6月25日 「演出は過剰」占い師登場テロップ問題で社長認める

これもよく読んでみると、ちゃんと謝っている感じがしない。

社長「演出にしては過剰過ぎたと思う」

なんだかすっきりしないよなあ。

詐欺師が「私の発言にはいささか誇張がありました」と言ったみたいな。「私の手法はやや乱暴でした」(by殺人犯)みたいな。

社長にしてみれば、部下(の部下(の部下(の部下(の・・・))))がやったことで、私は悪くありませんって心境でしょうね。気持は分かります。僕が社長だったとしても、そう思います。そして、社風はそうやって作られていきます。

だめだこりゃ、な感じなので、ついにBPOで本格審議入りして↓

7月13日 日テレ番組「視聴者の信頼裏切る」とBPO審議入り

そして、晴れて打ち切りが発表されました↓

7月14日 日テレ「芸能★BANG+」打ち切り 「事態を重く」 - MSN産経ニュース

当たり前だっつうの。

でも、最後はちゃんと非を認めたみたい↓

同局は「視聴者に誤解を与えた。事態を重く受け止めている」としている。

素直に謝るのに、どんだけ時間かけてんだ。

いや、ちょっと待て。「誤解」って表現はどうだろう?

詐欺師が被害者に与えるのは、はたして「誤解」か???

まあ、日テレ的には、そうなんだろう。

詐欺師入門―騙しの天才たち その華麗なる手口
詐欺師入門―騙しの天才たち その華麗なる手口

|

« ギンガムチェックとは | トップページ | トヨタの新スライド2BOX(ポルテ、ラウムの後継)のティーザー広告 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60884005

この記事へのトラックバック一覧です: おまいらの勝利! 「芸能BANG」終了のお知らせ:

« ギンガムチェックとは | トップページ | トヨタの新スライド2BOX(ポルテ、ラウムの後継)のティーザー広告 »