« 米ハリケーンへの寄付公表を批判するツイート(o44oさん)をスルーしないのも、孫正義の作戦だよね | トップページ | 莫言先生の『赤い高粱』全編が読めるのは「現代中国文学選集」だけ »

2012年11月 6日 (火)

多田野投手を退場させた柳田浩一審判の大誤審を写真判定してみる

おさらいすると、

・2012年日本シリーズ第5戦 日ハムvs巨人
・於 札幌ドーム
・4回表 巨人の攻撃
・ピッチャー: 日ハム 多田野数人 投手
・バッター  : 巨人   加藤健 捕手
・主審      : 柳田浩一

(1)加藤、バントの構え
(2)ボール、インコースへ
(3)加藤、大きくのけぞってよける
(4)加藤、倒れて、しばらくうずくまる
(5)柳田審判、危険球で多田野を退場処分に

で、ビデオでどう見ても、ボールはそれほど危険な位置に投げられたわけではないし、しかも、当たっていない。

スロー再生で振り返ったりもしているので、下記の記事↓

柳田浩一審判はそろそろ引退した方がいいよ(多田野を危険球で退場させる大誤審) - 急上昇ワードな理由

に貼りつけた動画を見てもらえば一目瞭然なのですが、ここではあえて、写真判定風に確認してみようと思います。

まずは正面のアングル。

バントの構えなので、頭の近くを通っていますが、危険球と言えるコースには見えません↓

柳田浩一の大誤審の写真判定(正面1)

↓そして、ちゃんとよけられているんですよね

柳田浩一の大誤審の写真判定(正面2)

柳田浩一の大誤審の写真判定(正面3)

↓バット or キャッチャーミットに当たったかも

柳田浩一の大誤審の写真判定(正面4)

↓のけぞる加藤。バットが顔 or ヘルメットに当たったかも

柳田浩一の大誤審の写真判定(正面5)

↓痛い? だとしても、当たったのはバットですよ。

柳田浩一の大誤審の写真判定(倒れる加藤)

次は、横向きのアングル。ボールの位置に目印を付けてみました。
柳田浩一の大誤審の写真判定(横向き1)

柳田浩一の大誤審の写真判定(横向き2)

柳田浩一の大誤審の写真判定(横向き3)

う~ん、どう見ても、体には当たってないし、それほど危険なコースにも見えない。

死球 - Wikipediaによると、

公認野球規則では8.02(d)において、  (中略)  打者に投球が当たったか否かは問わず、審判は自身の判断で投手(または投手と監督)を退場させることができる。

ともあるので、(別途、当たった場合については日本プロ野球に規定がある)、「当たってようが、当たってまいが、危険球だから退場だ」と言えないこともないのですが、だとしても、加藤のオーバーリアクションが問題になりますよね。

加藤がよけて、さっと立ちあがった上での退場宣告なら、そう解釈できますが、倒れこんで、痛がって、起きあがるまでに約30秒、ヘルメットをかぶるまでに約1分、こんなリアクションを受けての退場処分ですから、柳田浩一審判はまんまと騙されたんだなあという印象。

この件で、加藤選手個人や柳田主審個人を過剰に責めてもしょうがないとは思うんですが、日本プロ野球はこの手のシミュレーションじみた行為に甘い対応をするのか、また、誤審を防ぐための対策(ビデオ判定など)は講じないのか、ってところがもどかしい。

このままじゃ結局、今後もおなじような問題がおきるんでしょうね。

プロ野球ウラ人脈大全 (別冊宝島 1909 ノンフィクション)
プロ野球ウラ人脈大全 (別冊宝島 1909 ノンフィクション)

|

« 米ハリケーンへの寄付公表を批判するツイート(o44oさん)をスルーしないのも、孫正義の作戦だよね | トップページ | 莫言先生の『赤い高粱』全編が読めるのは「現代中国文学選集」だけ »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60884067

この記事へのトラックバック一覧です: 多田野投手を退場させた柳田浩一審判の大誤審を写真判定してみる:

« 米ハリケーンへの寄付公表を批判するツイート(o44oさん)をスルーしないのも、孫正義の作戦だよね | トップページ | 莫言先生の『赤い高粱』全編が読めるのは「現代中国文学選集」だけ »