« 多田野投手を退場させた柳田浩一審判の大誤審を写真判定してみる | トップページ | パナソニックの温水洗浄便座が故障した(ビューティ・トワレ DL-GWN20) »

2012年11月10日 (土)

莫言先生の『赤い高粱』全編が読めるのは「現代中国文学選集」だけ

中国の作家の莫言氏が2012年のノーベル文学賞をとりましたよね。そして、代表作としてよくあげられるのが『赤い高粱』ですが、この『赤い高粱』を読もうと思うと、手に入りやすいのは、↓こちらになると思います。

赤い高粱 (岩波現代文庫)
赤い高粱 (岩波現代文庫)

でも、この岩波文庫版って、「紅高粱家族」(赤い高粱一族)の全5章のうち、1章、2章しか収録されていないんですよね。

で、3章、4章、5章を読みたいと思ったら、徳間書店の「現代中国文学選集 12」くらいしかなく、しかも、これが絶版になっていて、アマゾンのマーケットプレイスで高値がつけられていたりします。

諦める? いえいえ、こんな時こそ図書館でしょ。君は何のために高い税金を払っているんだ。

というわけで、川崎市立図書館で

現代中国文学選集  6 ・・・ 1章、2章
現代中国文学選集12 ・・・ 3章、4章、5章

2冊セットで借りてみました↓

2

目次はこんな感じ↓

1
現代中国文学選集6の目次
 第一章 赤い高粱
 第二章 高粱の酒

2_2
現代中国文学選集12の目次
 第三章 犬の道
 第四章 高粱の葬礼
 第五章 犬の皮

で、読み始めてしんどいなって思ったのが人名ですね。見ただけじゃ男か女か分からないし、ものによっては人名かどうかもピンとこない。まあ、文脈から読みとれるといえばそうなんですけど、太郎と花子みたいにはいかないですよね。

そのへんは考慮してくれていて、冒頭に登場人物の一覧をつけてあったりします↓(クリックすると画像が拡大します)

Photo

「〇子」って名前でも、男の場合と女の場合があるんだなあ、なんて感心したり。

思えば、中国の作家の小説って読んだことなかったなあと。中国モノも読み慣れれば、人名とか男女の別とかも分かるようになるんでしょうか。「マイケル」が男だってすぐ分かるみたいに。

「文学賞受賞!」とかっていうと、テレビでも取り上げるし、大抵、本も売れて、図書館の予約待ちも一気に増えたりするんですが、今回、莫言氏の本は予約待ちはそれほどでもなく、案外すぐに借りられました。

日本ではそんなに盛り上がらなかったのは、↓こういう情勢も関係してのことでしょうかね。

莫言氏の快挙に中国ネットで愛国心むき出し「日本打ち負かした」:イザ!

とはいえ、当の莫言さん自身は、

毛教授によると、莫言さんは約10回も来日し、温泉と刺し身が好きという親日家。

ノーベル賞:文学賞に莫言氏 「中国が認められた」 「日本に勝った」の声も- 毎日jp(毎日新聞) より)

だそうで、小説に悪い日本兵が登場するからと言って、日本嫌いなわけじゃないですからね。

・・・なんて、本編と関係ないことばかり書いているのは、まだ読んでいないからだったりします。

莫言 (現代中国文学選集6)
莫言 (現代中国文学選集6)

莫言 (現代中国文学選集12)
莫言 (現代中国文学選集12)

|

« 多田野投手を退場させた柳田浩一審判の大誤審を写真判定してみる | トップページ | パナソニックの温水洗浄便座が故障した(ビューティ・トワレ DL-GWN20) »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60884068

この記事へのトラックバック一覧です: 莫言先生の『赤い高粱』全編が読めるのは「現代中国文学選集」だけ:

« 多田野投手を退場させた柳田浩一審判の大誤審を写真判定してみる | トップページ | パナソニックの温水洗浄便座が故障した(ビューティ・トワレ DL-GWN20) »