« 『金色の魚のダンス』(アレクサンドル・グレチャニノフ作曲) | トップページ | 東京スカイツリーのスケルトン天井エレベーター »

2013年1月 5日 (土)

リアルスコープを見ると食欲が失せる(チキンナゲット編)

リアルスコープハイパーの工場見学は面白いです。自動化・効率化が現代の安価な大量消費を支えていることが実感できて、勉強にもなります。

でも、食品系はちょっと微妙。いや、番組を見ること自体は面白いんですが、その食品への食欲の影響というか。

かき氷のシロップのときは、ベースが同じ砂糖水、最後に着色料と香料で、いろんな「味」になります、みたいなやつとか。分かってはいたけど、あらためて見せられると、「これを美味しいと感じることは人間として正常なのか?」という哲学的な問いにまで発展。

あと、ネギトロ(もどき)とか。赤身に油脂を混ぜることにより、トロっぽさをだしています、なんてことは、原材料表記を見れば分かってはいたことなんだけど、これも混ぜている場面とか見せられちゃうとなあ。パチモンやんけって感じで。

で、2012年12月15日放送のリアルスコープハイパーの冒頭は「チキンナゲット工場」。う~ん、いやな予感。

そして、その予感はやがて現実に・・・

おいしそうなチキンナゲット(リアルスコープハイパーより)
おいしそう!

チキンナゲットになるヒヨコ(リアルスコープハイパーより)
え、そこまでさかのぼる?

孵化、飼育、食肉加工、調理まで一貫して、この工場で行われているところがポイント。でも、ヒヨコの映像はちょっと・・・

子供の頃、縁日で買ってきたヒヨコが育ってしまい、ニワトリになったことがありました。そして、僕は一時期、鶏肉が食べられなくなってしまいました。という出来事を思い出した。

そのニワトリは、親の手により、どこかへもらわれて行きました。たぶん、美味しい鍋にでもなったのでしょう。

話を戻しまして、私が昔話をしている間に成長し・・・

チキンナゲットになる若鶏(リアルスコープハイパーより)
若鶏となり

チキンナゲット用の冷蔵庫(リアルスコープハイパーより)
肉となりました

上記は、冷蔵庫内の様子で、レーンの全長は4キロメートルもあるとのこと。つまり歩いてレーンをたどっていくと、1時間くらいの間、鶏の死体がずっと並んでいるという・・・

チキンナゲットの食肉処理(リアルスコープハイパーより)
流れ作業で食肉処理します

あとは、小さく刻んで、味付け、ムネ肉に皮を加えてパサパサ感をなくし、成型、衣付け、油で揚げるなどとなって、このあたりは安心して見てられます。

できることならば、前半の記憶をなくしたい。

というわけで、今後はあまり深く考えずに食べることにします。

で、ちょっと気になったのは、

チキンナゲット工場の回のスポンサーがマクドナルド(リアルスコープハイパーより)
マクドナルドがスポンサー

↑大丈夫でしょうか?

あれを見て、「食べたい!」とは、なりにくいと思うのですが・・・

工場見学首都圏 (昭文社ムック)
工場見学首都圏 (昭文社ムック)

|

« 『金色の魚のダンス』(アレクサンドル・グレチャニノフ作曲) | トップページ | 東京スカイツリーのスケルトン天井エレベーター »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60884106

この記事へのトラックバック一覧です: リアルスコープを見ると食欲が失せる(チキンナゲット編):

« 『金色の魚のダンス』(アレクサンドル・グレチャニノフ作曲) | トップページ | 東京スカイツリーのスケルトン天井エレベーター »