« ベネッセが名簿業者から買った個人情報かどうかで「個人情報を削除する」のチェックの有無が違う? | トップページ | ドコモの契約内容って、ネットから変更できるんですね »

2014年11月 1日 (土)

神奈川県の土砂災害危険箇所ハザードマップ(Google Earth閲覧用KML形式)

とりあえず↓これだけで閲覧できます。

【1】(もし入ってなければ)Google Earthをインストールする

【2】以下のKMZファイル(KMLを圧縮)をGoogle Earthで開く

    神奈川県の土砂災害危険箇所(KMZファイル)

データは国交省が公開している国土数値情報ダウンロードサービスのものを使わせていただきました。

上記にはshape形式で公開されているのですが、このままでは閲覧に不便なので、Google Earthで閲覧できるように、Rを使ってKML形式に変換しました。(作り方を知りたい人はこちら → Rを使ってシェープファイルをKMLファイルに変換する - Rプログラミングの小ネタ

で、以下はGoogle Earthでの閲覧にあまり慣れていない人向けのガイドです。

前述のKMZファイルをGoogle Earthで開くと↓こんな感じで表示されます。

神奈川県の土砂災害危険箇所をGoogle Earthで表示

危険箇所は、デフォルトではポリゴンの枠線は白、面は黒で塗りつぶされています。これだとちょっと見づらいので色を変えましょう。

レイヤー(「hazard.area」)を右クリック→プロパティ
「スタイル、色」タブを選択
「スタイルを共有」ボタンを押す、と表示色が設定できます

直線の色を赤、範囲の色も赤で透過度を25%にしてみたところ、こんな感じになりました↓

神奈川県の土砂災害危険箇所をGoogle Earthで表示(色を赤に変更)

あと、レイヤのところにある「建物の3D表示」はOFFにしておいた方がよさそう。そうしておかないと、ポリゴン面が建物の下側に来て、見えないところができてしまいます。

ぐーっと拡大して、新百合ヶ丘駅周辺を表示すると↓こんな感じです。

新百合ヶ丘周辺の土砂災害危険箇所

本当に危なそうなところというよりは、急斜面がある場所はすべて塗られているという印象です。なので、あんまり参考にならないかも。危険度をレベル分けしてくれると嬉しいですが、それは難しいんでしょうかね。地価や物件価格(あと風評とか)に影響しすぎてしまうからか、単に技術的に難しいという理由からか。

ちなみにうちのすぐ裏にある、急斜面のある付近も塗られていました・・・■

[2014年11月23日追記]
東京都、埼玉県、千葉県のKMLファイルも追加しました。あと、Google Earthの設定で色を変更しなくて済むよう、KMLファイル内のタグで色を赤に変えときました↓
土砂災害危険箇所のKMLファイル(東京、神奈川、埼玉、千葉): 主張

災害大国・迫る危機 日本列島ハザードマップ
災害大国・迫る危機 日本列島ハザードマップ

|

« ベネッセが名簿業者から買った個人情報かどうかで「個人情報を削除する」のチェックの有無が違う? | トップページ | ドコモの契約内容って、ネットから変更できるんですね »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/60884319

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県の土砂災害危険箇所ハザードマップ(Google Earth閲覧用KML形式):

« ベネッセが名簿業者から買った個人情報かどうかで「個人情報を削除する」のチェックの有無が違う? | トップページ | ドコモの契約内容って、ネットから変更できるんですね »