« オライリーのカレンダー(2016年)をもらった | トップページ | 宮川大輔が「サービスエリア」のことを「インターチェンジ」と呼ぶ件(人志松本のすべらない話) »

2016年1月 3日 (日)

ナイツの♪オラこんな村イヤだ~のネタ

録画していなかったので、あやふやなところもありますが・・・。

2015年12月28日 年末の「FNSお笑い祭」で、ナイツがネタをやっておりました。私は初めて見たのですが、土屋さんが吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」を歌いだして、その歌詞のナンセンスさに塙さんがつっこむというもの。

お気づきかと思いますが、塙さんがつっこむというのはいつもとは役割が逆です。で、塙さんのぎこちない感じのツッコミを見て、「ははん、これはメタ漫才の類だな」って思ったわけです。

「メタ漫才」ってのは、例えば、「いつもは僕がボケているけど、たまにはツッコミがやりたいんですよ」「じゃあ、今回は逆でやってみましょう」みたいな。で、やってみるとツッコミがグズグズで、そのグズグズ具合に(本来のツッコミ役が)つっこむみたいな。

つまり「漫才をやっているこの状況」自体を漫才のネタにするようなパターンですね。

そんな前フリがあったわけではないのですが、きっとそんな方向へ進んでいくんだろうと期待したわけです。なぜかというと、塙さんのツッコミがあまりにもぎこちないから。

が、そのままネタは進行し、塙さんの「オラこんなネタいやだ」というツッコミ(?)で終了。

え? 塙さんの「ぎこちないツッコミ」はボケではなかったんだ・・・。前フリだと思っていた部分が本ネタだった。率直に言うと全然面白くなかったわけです。

で、その後のトークコーナーで他の芸人さんから、塙さんが最近変だという話があって、今回のネタやら、土屋さんがつっこんでくれないというネタ(「昔はよくつっこんでくれていたのに、最近つっこんでくれない」みたいな下ネタ系のやつ)やら、そんな変なネタをやっている。土屋さんは控えめな人だから、塙さんの意思で無理矢理やらされているんだろう、みたいな。

塙さんとしては、正統派漫才だの、浅草の星だのと言われているのが、自分はそんなんじゃないとか、年間600本漫才をやっているとこんな感じになってくる、みたいなコメントがありました。

で、その日の深夜の「速報!有吉のお笑い大統領選挙」という番組を見ると、前述の「つっこむつっこまない」のネタをやっており、深夜ならではの、ど下ネタでしたが、これはこれで面白いなと思いました。

でも、「オラこんな村イヤだ」ネタのほうはやっぱりいまいちだと思うんですよね。塙さんの微妙なつっこみは、一周回って笑えたりもするんですが、このネタのボケの部分って結局「俺ら東京さ行ぐだ」の歌詞に依っているわけじゃないですか。

もともとこの曲知っているし、この歌詞って極度の田舎を描いて、そんな田舎はないだろ、みたいなツッコミを狙っている部分もあるし。そういう意味で、この曲につっこむことには新鮮味を感じないんですよね。

実際、どんな感じのネタだったかというのは、YouTubeに動画があったので見てみてください↓

YouTubeには現時点で、コメントが5つ付いて、1つは「このスタイルのネタつまらんわー」という私と同意見のものですが、他の4つは「このネタ大好きww」「マジで好きやわ」「これ大好き。」「どしたぁw」という高評価のもの。ちなみに「どしたぁ」ってのは曲の合間に土屋さんが自分で入れている合いの手のこと。この部分が面白かったという意味だと思われます。

なんだか、こういう好反応を見ると、見る人によってはけっこう面白いネタなんでしょうか。「俺ら東京さ行ぐだ」を知らない世代にとっては、新鮮な感じがするのかもしれません。

二人対談 [DVD]
二人対談 [DVD]

吉幾三 1 雪国 どんなに遠くても 海峡 夜更けのメロディー 津軽恋唄 俺ら東京さ行ぐだ じょんがら恋唄 おじさんサンバ あんた 門出 エレジー 哀酒歌 津軽平野 薄化粧 羅臼 旅 酔歌 12CD-1128A
吉幾三 1 雪国 どんなに遠くても 海峡 夜更けのメロディー 津軽恋唄 俺ら東京さ行ぐだ じょんがら恋唄 おじさんサンバ あんた 門出 エレジー 哀酒歌 津軽平野 薄化粧 羅臼 旅 酔歌 12CD-1128A

|

« オライリーのカレンダー(2016年)をもらった | トップページ | 宮川大輔が「サービスエリア」のことを「インターチェンジ」と呼ぶ件(人志松本のすべらない話) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

通りすがりの者ですが、

ナイツの「俺ら東京さ行くだのネタ」を見て、何かおかしいなと思い、他の人の意見を探していたらこちらに辿り着きました。

私もこのネタはオチに何か展開があるのだろうと思って見ていましたが、そのまま終わってしまい「???」となってしまいました。

私が思うにこのネタは、浅草の劇場に出ているような師匠たちを暗にディスっているのではないかと考えるのですがどうでしょうか?
いかにも年配の漫才師がやりそうなネタだと思いませんか?

塙さんはTHE MANZAIの時の"のりピー"のネタみたいに時折パンクな一面を見せますから、
そういう風に受取れば一周回って面白いとは思えます。
正統派漫才師とか言われるのが嫌とか言われている事からもそう勘繰ってしまいます。

しかしそうだとすると危なっかしいネタですね。

そんなネタをM-1の敗者復活戦でかけるナイツの精神がカッコいいです。

投稿: NoName | 2016年1月 5日 (火) 13時41分

コメントありがとうございます。

なるほど、あえてベタな「歌の歌詞につっこむネタ」を演じているという感じですね。この手のネタって確かに昔よく見かけた気がします。既存の歌詞の変なところにつっこむだけだから、工夫もあまりないという。

そして、こんなネタでもいいのか? と見る側に問うているようにも思えます。でも、ネットの反応見ると、意外にも普通にうけているような反応も多くて、ナイツの二人も驚いていたりして。

いずれにせよ、いつものネタでいつものように笑いをとる、というのを避けようとしている感じはありますね。

投稿: 管理人 | 2016年1月11日 (月) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517450/62993148

この記事へのトラックバック一覧です: ナイツの♪オラこんな村イヤだ~のネタ:

« オライリーのカレンダー(2016年)をもらった | トップページ | 宮川大輔が「サービスエリア」のことを「インターチェンジ」と呼ぶ件(人志松本のすべらない話) »